シェ・ホシノさんで 春のランチ

翌日曜日、朝からどんよりとした雲が垂れ込め、そのうち強風と強い雨が降ってきた!
春の嵐でしょうか。 湖も 恐ろしいほどの三角波が立っています。


さて、時間は昼過ぎ、あれれ? いつの間にか風もおさまり、雨も止んできた~!


今日は、湖畔のフレンチレストラン 「シェ・ホシノ」 さんで、ランチをいただくことになっています。


週刊日光のお友達、晴れさんご夫妻御用達の シェ・ホシノさん、
いつもいつも 「美味しかった~」 と きれいな写真つきの報告を 指をくわえてみている私・・・・
湖畔に家があると、意外に外に食べには行かないものなのです。


そんなこんなで、晴れさんたちは、なんでも、貴重な食材の 「エゾシカ」 をホシノさんで食べたらしい・・・・
通常メニューには載っていないエゾシカ、しかももう猟期は過ぎている・・・・


あんまり私が、「今度はシカを食べたい~」 と言うので、可哀想に思った晴れさんが、
じゃぁ、みんなで行きましょう! とシェフにお願いして、段取りをつけてくださいました。


そんなこんなで実現した、この日の 「特別ランチ」。 
朝はごく軽く済ませ、あとはひたすら待っておりました。


この日、荒れたお天気をものともせず、早朝から奥日光を楽しんでらした晴れさんご夫妻、
午前中に、さっさと某所の撮影を済ませたLaylaさん、 そして、お仕事を終えて、
駆けつけてくださった やまとそばさんと 私の五人、、しあわせランチの始まりです。


まずは、優しい色合いの グリンピースのポタージュ。
11.jpg 
この時期は、まだ高い生のグリーンピース、鶏挽きと煮る卵とじや 豆ごはん、大好きなお豆ですが、
一足早く、優しい味を堪能しました。


次に運ばれてきたこの前菜に目を奪われました。
ヤシオマスです。 切り身まるごと? そして皮だけが ローストされて上に乗っています。
_1140309.jpg
ミ・キュイというフレンチのようですが、まるで生、でもない、絶妙な半生というか、
柔らかい身は、フォークで崩れるほどもなく、ほどよく口に運べます。
和食の刺身とはまた違ったレア感、ほんのり温かく調味されていました。
そしてお魚で美味しい皮、柔らかな身と対照的に、パリパリとした食感に仕上げられていて、
その対比を楽しめました。



メインは エゾシカ です。 鹿ロースト、なのかな、ブラウンのソースがまた美味しくて、
パンに付けて、残さず食べてしまいました。
_1140312.jpg
ずっと以前、ドイツのホームステイ先でシカ肉をいただきましたが、部位の差なのか、料理法なのか、
パサついた感じだけが残り、ちっとも美味しいとは思えなかったシカ肉、
ホシノさんの エゾシカは、シカフィレなのでしょうか、柔らかく、牛とも違う、もちろんポークでもない、
鶏でもない、柔らかいのに、食べごたえを感じる不思議な食感でした。
優しい甘さのリンゴのコンポートが また絶妙なコンビネーション。
手前のバターソースを乗せて食べると、コクが増して、さらに美味しくいただけました。
フゥ・ド・ボア製の 美味しいパンもおかわりして、ソースまで残さず平らげて、



デザートは、この盛り合わせ!!、 オーマイガッ、 
_1140315.jpg
私の年齢では、 おおお~というくらいの量ですよね~、
でも、美味しいのだから、仕方ない(笑) 大好きな 白ごまのブラマンジェを 最後に楽しみながら、
全部いただいてしまいました。 


あああ~ 幸せだぁ


シェ・ホシノさんでは、私の敬愛する ピアノのみちこ先生のクリスマスコンサートが開かれたことがあり、
生徒でもないのに、ここで弾かせていただいた、というご縁があります。
シェフのギター演奏も 聞かせていただきました。
その時にいただいたディナーが、あまりにも美味しくて、でも、なかなか食事に来る機会がありませんでした。


今度は、是非、食事に行きたいと思っています。


楽しくランチをいただいている間に、空はどんどんと晴れ渡り、いつの間にか、明るい春の日差しがいっぱい、
お店の前で、記念写真を撮らせていただきました。 
_1140317.jpg

_1140318.jpg
みんな、大満足です。 
シェフはじめ、スタッフの皆様、大変お世話になりました。


お料理の感想は、あくまで主観ですが、間違っていたら、ごめんなさい。 


腹ごなしに散歩に行く、というみんなと別れて、菖蒲に戻りました。
ちょっとだけ浜辺を散歩しました。
_1140321.jpg



やっぱり奥日光、最高ですね。
_1140340.jpg



余談ですが、昔、清滝養鱒場に遊びに行って、その時に初めてヤシオマスを知りました。
食用に開発されたニジマスの品種改良種、マス類よりも鮮やかな紅色、栄養も豊富なヤシオマスです。
その時の記事はこちらです。



Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/832-8bf35b93

Comment

晴れ夫 | URL | 2016.04.19 08:18
美味しいランチでしたね〜〜〜
エゾ鹿も多分個体調整のものが入ったのかもです。
ヤシオマスはちょっと油断すると火がとおりすぎてしますそうです。
デザート盛り合わせ!幸せなひと時でしたねぇ〜〜〜
また、遊びに行きましょう!
yuko | URL | 2016.04.19 17:48
晴れ夫さん、こんにちは
お二人が通うのもわかる!という・・・・晴れ夫さんの狙いはもしかして盛り合わせですか?(笑)
とても食べられない~、と思ったら、全部食べちゃった、恐ろしや~、別腹、

ヤシオマスのまるでトロのような食感とお味は、忘れられません。
どうやって料理するのでしょう・・・・ さすがはプロですね。
またご一緒しましょう。 え?今度はフィールドでね。
晴れ | URL | 2016.04.19 21:03
本当に美味しかったですよね〜(*^o^*)
あのヤシオマスは、プレミアムヤシオマスなんですよ。一段と濃厚で奥深い味わいがお口の中に広がる〜〜😋想像したらたらまた食べたくなっちゃった(;^_^A
実はあんな感じのヤシオマス料理を食べたのは数年前の誕生日でした。もちろんまだメニューには無い、特別なひと皿。温かいのに生じゃない⁈それはそれは魅惑的なお料理だったです。それがいつの間にか、ヤシオマスのサラダ仕立てというメニューになり、なんと今はパリパリの皮まで!
日々進化し続けるシェフのお料理のトリコでございます〜。
またぜひ皆さまと一緒に美味しいお料理を!食べたいです〜。夫っと様もご一緒出来たら嬉しいなぁ!


yuko | URL | 2016.04.19 23:51
晴れさん、こんにちは
おお!プレミアム! 特別なヤシオマスだったのですか。
> 日々進化し続けるシェフのお料理のトリコでございます〜。
栃木ならではの食材を使って、より魅惑的な一皿に情熱を傾けるシェフ、おそるべし!(^o^)
本当に特別なランチをいただけて、幸せ〜。晴れさんのお誕生日の一皿から、
始まった、のでしょうか? 素敵ですね。
夫っとも記事を読んでましたよ。今度は連れて行きたいですね。
Layla | URL | 2016.04.20 00:16 | Edit
ヤシオマスの記事を読みました!
何も知らなくても充分美味しかったけど、
記事を読んだらさらにありがたみが増しました。w
しかも、そのプレミアムだったのですね。 w(°0°)w
いやいや、私もまたすぐにでも食べたくなっちゃいました~!
レストランも山も、また行きましょう!

yuko | URL | 2016.04.20 07:25
Laylaさん、こんにちは
> ヤシオマスの記事を読みました!
食用に改良されたというヤシオマス、私も偶然に養鱒場で知りました。
買ってきて、家で食べましたが、さすがに味が濃くて美味しかったです。
一番良かったのは、マリネかな?
とはいえ、ホシノさんでいただいたミ・キュイは、もう別物でした〜、
また食べたくなっちゃいますよね。
その後、養鱒場の車をあちこちで見かけました。ホテルやレストランに
配達しているようですが、ヤシオマスはやはり特別なもののようですよ。
この時買ったお値段も特別でした〜f^_^;
やまとそば | URL | 2016.04.20 08:10 | Edit
先日はお疲れ様でした。
美味しいランチを戴き、皆と出会えてリフレッシュできました。
もう少ししたらまた一緒に山を歩きましょう。
yuko | URL | 2016.04.20 18:06
やまとそばさん、こんにちは
あの時間なら、来ていただけるかなー?との読みが当たりました!f^_^;
お休みなしでお忙しい中、ご一緒できて良かったです。
あとひと月くらいしたら、軽い山なら行かれそうです。
シロ、かな?とも、思ってます。
また今年もよろしくお願いします。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ