春の瀬戸内旅行  <金比羅さんでヨレヨレ>

金比羅さん、と言えば、


「こんぴらふねふね、追風(おいて)に帆かけて シュラシュシュシュ~」
中高年以上の日本人なら、すぐにメロディーが浮かびますが、
海上交通の守り神として、古くから信仰の神社、
高松の西、琴平、というところ、歌にも出てくる「象頭山」の上に、神社があります。


正式には、☆★☆ 金刀比羅宮(ことひらぐう)☆★☆
という名称だそうです。


海に近く、海抜は多分相当低い、そんな土地で、象頭山521m、本宮は山頂ではなさそうだけど、
これは相当の標高差がありそう・・・・・ とにかく長い階段で有名です。
ちなみに、奥日光の社山は、阿世潟峠からの標高差は410m,
まさかそこまではないだろうけれど、ほとんどが階段、だとか。
果たして 夫っとは金比羅さんにお詣りできるのでしょうか?



表参道をはいってすぐに、金比羅大歌舞伎座があるので、ちょっと寄り道。
_1140414.jpg
 


春の大歌舞伎終演まで、あと1日、切符が滅多に取れないのだそうですが、
それもそのはず、この日もJTBなどのツアーが入っているようでした。
_1140418.jpg



歌舞伎座を見てから、参道にもどり、後はひたすら登っていきます。
_1140430.jpg

両側にはレトロな感じのお土産物屋さんや喫茶店

_1140426.jpg

石畳や階段に長い歴史を感じます。

_1140431.jpg



籠もありました! へぇ、と思っていたら、実際に乗って降りてくる籠がいた!
料金は、往復6800円、登りだけは3800円、 下りだけは3500円くらいだったかな? 
_1140442.jpg

_1140444.jpg



新緑もつつじもとてもきれい  だけど、登りっぱなしなので、暑い!
_1140447.jpg



大門というところのようです。 ここからが境内となり、土産物屋はこの手前で終わり、
あとは、参道という雰囲気になってきます。
_1140452.jpg
「五人百姓」という飴を売っていました。


_1140467.jpg



俺は下で待ってる・・・・・と言っていた夫っとですが、頑張っています。
_1140475.jpg



長い直登階段、
_1140476.jpg



ここを登り切ったら、ひょっとして・・・・御本宮?
_1140489.jpg



着きました!、金比羅御本宮です! 頑張りました。
_1140500.jpg
一休みして、汗が引いてから、記念撮影~  お詣りはまだです。


展望台からの眺め、 讃岐富士がきれいな裾野を引いています。
正面やや右手奥あたりが、JR琴平駅だそうです。
_1140495.jpg
それにしても、よく登って来たなぁ・・・


ここまで階段は785段、奥社までは、まだまだあるようですが、
私たちはここまでで十分。 


ゆっくりとお詣りをしてから、境内をぶらぶら
_1140506.jpg


_1140511.jpg


_1140516.jpg


そろそろ帰りましょう。 来た道を戻ります。 先ほどの大門、五人百姓のあたり
_1140528.jpg
下りはあっけない。


レトロなタイル模様 
_1140537.jpg


江戸時代、庶民には旅は禁じられている中、例外が金比羅さん詣りや、お伊勢詣り、
まさに庶民の憧れ、だったそう、長い歴史の積み重ねを感じます。


去年のGWに、四国旅行をしたHANAたち、金比羅さんも訪れて、
ここを登り、お詣りのあと、「ソフトクリーム食べたんだよ」と聞いていたので、
私も楽しみにしていたのですが・・・・ シニア4人組、そんな気配もなくて(笑)
私もなんとなく、食べそびれてしまった・・・・・のが、唯一心残り (何をしに行ったのか?)
ですが、金比羅さん、いいところでした。


久しぶりの階段のぼり、社山に登ったよりも疲れた~
ひざがガクガク、汗だくでよれよれになりました。


高松に戻り、Mさん地元の居酒屋さんで夕食、瀬戸内海で取れた
サヨリやアジのお刺身を美味しくいただきました。
_1140539.jpg
瀬戸内海は、平均水深30m と、浅い海で、潮の満ち引きが大きく、
その度にプランクトンが舞いあがるので、栄養豊富、
したがってお魚も美味しい・・・・のだそうです。


さて、明朝は早起きして、小豆島に行きますよ~

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/834-d1de4c94

Comment

トレッキング | URL | 2016.04.30 15:28 | Edit
ここんぴらふねふねおいてに帆かけてシュラシュシュシュ~
は、普通に体に染みついているように覚えています。
どこから入って来たのか、どこで覚えたのかがサッパリ解りません。

福招き猫が欲し~い!可愛いですね。

そうだ!今年の夏休みは金比羅御本宮にしよう!!
良いところですね行って見たい。
と思ったのもつかの間、チビを背負ってこの階段登るのは誰?
やーめた!
籠、往復6800円は高ぇ!イヤでも自分の足で登ります。
yuko | URL | 2016.04.30 16:17
トレッキングさん、こんにちは
> こんぴらふねふねおいてに帆かけてシュラシュシュシュ~
体に染み付いてますよねww どうやら、みんなの歌で舫っていたようですよ。
メロディは知っていても歌詞はうろ覚えでした。
金比羅さん、私達の年代には色々とすんなり入ってくるものばかり。
良いですよー。
> と思ったのもつかの間、チビを背負ってこの階段登るのは誰?
まぁ、山のトレーニングだと思えば、行けますよ。
奥社まで行くと、1300段以上あります(笑)
> 籠、往復6800円は高ぇ!イヤでも自分の足で登ります。
高いか安いかf^_^; 登れない人でも行かれる、と思えば、安いかも。
mokos619 | URL | 2016.05.01 14:33
こんにちは♪
金比羅さんて名前は聞いた事あるんですけど、どんな所か知らなくて、結構賑わってて面白そうですね!
階段がすごそうですが、だんな様も頑張りましたね(^-^)/笑

こんぴらふねふね?シュラシュシュ〜?
中年に片足入ってますが、知らないです〜(^_^;)笑
地域限定の童謡か何かでしょうか?



yuko | URL | 2016.05.01 15:33
mokos619さん、こんにちは
> こんぴらふねふね?
> 中年に片足入ってますが、知らないです〜(^_^;)笑
> 地域限定の童謡か何かでしょうか?
うーんf^_^; なるほどね〜。香川県の民謡なんですが、
なぜかNHKの「みんなのうた」でも流れていたので、
一応、年代限定では全国区かとf^_^; _| ̄|○
お座敷歌としても有名なんですよ。
中高年、どのあたりから知ってるんでしょうか?f^_^;
気になってきました。
私も漠然としていたんですが、実際に訪れてみて、なるほどね〜と思いました。
Layla | URL | 2016.05.01 21:28 | Edit
こんぴらふねふね、残念ながら身体に染み付き派ですね。w
けど、かなり歌詞がいい加減で、途中なんじゃこりゃ、という言葉の羅列。 最後までは歌えません。

夫っとさんも一緒にお参りできて良かったですね!
金比羅さん、楽しそう!
こりゃ、ご利益ありそう!
yuko | URL | 2016.05.01 23:02
Laylaさん、こんにちは
おお!こんぴらさん、染み付き派でしたかー!
確かに歌詞は私もいい加減でしたが、今回で調べてわかった〜、という感じです。
ぞずさん、というのが、謎?でしたが。「象頭山」なんですねー。
Laylaさんが染み付き派なら、晴れ夫さんもそうよね?
でも、晴れちゃんは微妙…かな? そこのところどうでしょうか?f^_^;

> こりゃ、ご利益ありそう!
これだけ苦労して登ったので、着いたときには、本当にありがたやーでしたよ。
やまとそば | URL | 2016.05.03 20:14 | Edit
四国の旅~楽しまれましたね。
私は1度だけ、女房は行った事がないので行きたい所の一つです。
金毘羅さんは行ってないので、特に行きたいですね。
うどんも美味しいですが、やはり海の幸、かな。
yuko | URL | 2016.05.04 10:19
やまとそばさん、こんにちは
関東にいると、やはり四国は遠いですよね、機会がないとなかなか行かれません。
> うどんも美味しいですが、やはり海の幸、かな。
うどんはお昼なので、夜はやはり海の幸、決まりですね。

瀬戸内のホワホワとした雰囲気、島がポコポコとある海の感じは、
本当に「なごみ」という感じでした。 
私たちが通った居酒屋さんの名前も「なごみ」さんでした~
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ