春の瀬戸内旅行 <小豆島の収穫は?>

瀬戸内海で、淡路島に次ぐ大きさの小豆島は人口3万人、香川県に属しています。
そして、どことも橋でつながっていない島。
古くは、映画「二十四の瞳」、今は、「八日目の蝉」 あるいは、そうめんや オリーブでも有名、
私ははるか大昔、なんと修学旅行で訪れた小豆島、当時の記憶は薄れても、
いいところだったなぁ、という思いがずっとありました。


今回、どうしても小豆島に行きたい!という気持ちが通じて、
Mさんご夫妻と4人で、フェリーに乗っていくことになりました。
さて、どんな風に回ろうか? Mさんご夫妻も小豆島は久しぶりだとか。
一応、行きたい所をピックアップしてきました。


車でフェリーに乗るのは、初めてです。  どういう仕組みなんだろう?
高松港からは、いろいろな島行きのフェリーが出ています。
行き先別の列に並び、順番に車で船に乗り込んで、駐車して
さて、降りるときはどうするの? と思ったら、そのまま前に進めば、下船できるんですねぇ。
車一台と運転手の分がフェリー料金、追加の人は、乗船料がかかります。


高松港を後にしました。  高松港~小豆島の土庄港間は、1時間に1本運行していて、とても便利です。
_1140541.jpg


台形の形は、古戦場の屋島です。那須与一が扇の的を射落としたのが ここ屋島です。
島ですが、高松市に属していて、四国本島扱いだそうです。
船が進むにつれて、屋島の形が変わるのがおもしろい。
_1140563.jpg



さて、フェリーで約1時間、小豆島の中心地、土庄港に入港、
車に乗ったまま、あっけなく上陸しました~
Mさんのカーナビに入力して、最初の目的地 「中山の棚田」へ。


_1140576.jpg
左手奥に見えるものは、「瀬戸内芸術祭2016」の作品だそうですが、
この日はあいにく閉館していました。


かなりの急傾斜に、水路がずっと上まで通じています。
こんな山がちの土地を開墾して、水を引き、田んぼにするのは、大変だろうなぁ。
_1140582.jpg


田植えには、まだちょっと早いのか、
_1140584.jpg


これが全部水が入ったりしていたら、さぞ見事でしょう。 
黄金色の収穫時も、きっととてもきれい。
_1140595.jpg



棚田という事は、ここはみな水田になるのかな?
そのあたり、まったくの門外漢なので、わかりません。
ここでは、映画「八日目の蝉」の、「虫送り」の 行列の撮影があったそうです。
_1140600.jpg
見事な景観でした。
この地で、農作業をするのは、本当に大変なことと思います。



中山を離れて、いったん、港に戻り、今度は 「寒霞渓」という景勝地へ向かいます。
小豆島には、瀬戸内の島々の最高峰、星ヶ城817mという山があって、
急峻な渓谷があるのです。 絶景を眺めながら、ロープウェイで上に向かうことにします。
_1140610.jpg



ロープウェイが動き始めると、右に左に、絶壁が迫ってきます。
礫岩なのか、ざらざらと、崩れ落ちそう 
_1140623.jpg
風雨にさらされた奇岩が 連続します。



ロープウェイから真下を眺めると、 こわ~い
_1140629.jpg



寒霞渓は、紅葉の名所、確かに、全山紅葉したら、見事でしょう。
もうすぐ山頂駅、
_1140635.jpg



山頂駅展望台から、少し乗り出して、向こう側の絶壁を撮っています。
_1140644.jpg



海も見えました。
町の方はよいお天気だったけど、寒霞渓のある山のほうは、薄い雲がかかり、
それでもなんとか海辺の町も見えました。
_1140652.jpg



あまり、観光地、それもロープウェイなどのあるところが 好きではない夫っとですが、
この寒霞渓には 感動していました。
ロープウェイに乗らずに、車で展望台まで来ることもできるけど、
絶対に乗る価値ありの、ロープウェイでした。 紅葉の時にも、来てみたい。



小豆島は、そうめん、オリーブのほかに、醤油の生産地でもあります。
どうして醤油? と思ったけど、とりあえず、「ひしおの郷」記念館。
_1140680.jpg



醤油作りに欠かせない樽や重石
_1140687.jpg
_1140706.jpg



ここは マルキン醤油がブランドですが、初めてお目にかかりました。
_1140716.jpg



外に出ると、しょうゆソフトを売っていて、思わず買ってしまいました。
昨日のような 心残り、にならないように、と。
ソフトの色は、チョコソフトと同じ、少し香ばしい香りと、カラメルっぽい味でした~
が、やっぱり一つは多かった(笑)



この辺りで昼ごはん、と思っていたら、あらら、食事できそうなところが全然ありません。
仕方なく、空腹をかかえて、次の目的地、「二十四の瞳 映画村」へ。
とりあえず、お昼にはありつけました。
男性陣は、 「そうめん」と「卵かけごはん」 のセットを。 なんじゃこれ?
男性の 「卵かけごはん」 の人気の高さは、なんなのでしょうか?
私は、嫌いではないけど、わざわざは食べないけどなぁ(笑)





映画のセット「岬の分校」 の 教室。 セットとはわかっていても、なんだか懐かしくなってしまいます。
_1140807.jpg


郷愁を誘います。
_1140826.jpg



校庭に置いてある竹馬で遊ぶ、Mさんご夫妻。
_1140842.jpg



_1140854.jpg




俺も撮って、と。
_1140861.jpg



映画村を出て、港方面に向かう途中、Mさん奥様のおススメのカフェに寄りました。
向うの建物の二階部分がカフェです。 右端は、どうやら屋根つきのオープンスペースのよう。
一杯だったので、しばらくこのテラスで待つことになりました。
_1140873.jpg



ここは、井上誠耕園、というオリーブの自然農園のカフェ、オリーブ畑の中に建っています。
_1140868.jpg


なかなか素敵なカフェでした。
_1140876.jpg
まわりのお客さんが食べているパスタがあまりにも美味しそう・・・・
ということで、二度目のお昼・・・・



聞けば、自家製オリーブオイルを使用しているとか。 さらには、手打ちの生パスタでした。
そして、緑果絞りオリーブオイルという、完熟前の緑の実を絞ったオイルの美味しさに
完全にノックアウト~



食事を終えて、早速、緑果絞りオイルを買いました。
ただ、この小豆島産のオイルは、予約販売、すでに売り切れでした。
買えたのは、スペインの 提携農園産のオイルです。  
写真は、こちら をご覧ください。



瀬戸内の静かな夕暮れです。
_1140894.jpg



Mさんご夫妻には、すっかりお世話になりました。
お宿を提供してくださり、三日間、一緒に旅行をして、本当に楽しく過ごせました。
ありがとうございました。



翌朝はゆっくり起床して、朝ごはんは喫茶店のモーニングへ。




実は、喫茶店のモーニングを食べたことがない、私・・・・・・・
あこがれていました(笑)  ということで、四国で実現~
こちらは、200円のセット、これにドリンク代プラスです。




パンがトーストになると、これで100円。 

ん~、喫茶店モーニング、侮りがたし・・・・・
さらには、トースト半分、あるいは、茹で卵だけだと、無料になって、ドリンク代のみ、だそうですよ。



小豆島、昔の思い出通りに、素敵なゆったりとした島でした。
表題の 「小豆島の収穫は?」 の答えは、「オリーブ」でしょうか。



知らないことを知る、初めて見るもの、聞くもの、味わうもの、そんな感動に満ちた3日間、
春の瀬戸内旅行でした。

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/835-581b26cd

Comment

ルンルン | URL | 2016.05.05 01:47 | Edit
素敵❗絶対に行きたくなりました。
小豆島と言えば24の瞳ぐらいしか思い浮かばなかったけど、ロープウェイまである絶景の場所やオリーブオイルのカフェや棚田と魅力的な島ですね。地元の方とご一緒だと楽しさ倍増でしたね。
楽しい旅の様子が伝わる素敵なレポでした。
yuko | URL | 2016.05.05 10:02
ルンルンさん、こんにちは
ありがとうございます。瀬戸内は気候も温暖、
私はあまり平べったい所は好きではないのだけど、
小豆島、景観も良くて、いいところでしたよ。
斜面に植えられたオリーブの畑もきれいでした。
機会があれば是非行ってみてくださいね。
やまとそば | URL | 2016.05.06 05:38 | Edit
小豆島は行ったことがないのですが、意外と険しいのですね。
自然がそのまま残っている様で、今の日本でなくなりつつあるレトロ感がよさそうです。
yuko | URL | 2016.05.06 09:30
やまとそばさん、こんにちは
島の山は0メートルから立ち上がっているので、かなりの高さを感じます。
平べったい島が多い中、小豆島は山あり谷ありで、
景観がとても良かったですよ。
紅葉の時は絢爛豪華なんでしょうね。
島の雰囲気は本当に良かったです。機会がありましたら、是非行ってみてください。
Layla | URL | 2016.05.06 23:06 | Edit
小豆島、険しいですね!
棚田も素晴らしい!!
うどんもそうめんも、美味しいオリーブオイルのパスタも魅力的!
行ってみたいなぁ!
以前、緑色のオリーブの浅漬けをいただき、
すごく美味しかったことも思い出しました。
って、食べることばっかりだなぁ。w
yuko | URL | 2016.05.08 13:38
Laylaさん、こんにちは
寒霞渓は、歩く道もありますよ、たくさんの奇岩を眺めて歩くみたい。
私たちは予定もあったので、往復するロープウェイだったけど、
紅葉の頃、歩いたらきれいでしょうね、
> 以前、緑色のオリーブの浅漬けをいただき、
> って、食べることばっかりだなぁ。w
緑果オリーブオイル、本当に美味しくて感動モノでした。
食の満足も、旅の充実度をあげますよねー。
そういう意味ではかなり!でしたよ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ