稜線のお花畑 

_DSC7618.jpg
お花畑近くから茶臼岳を見る


朝日岳からの絶景を眺めて、肩に戻ってきました。


ん~、エネルギーチャージはしたけれど、下山路も考えて、
お二人に迷惑がかからないように、と、ここで、申し出る・・・・・・


どうも体調が良くないので、峰の茶屋に先に下って待っていたい、と。


すると、隠居倉に行くのは止めて、その手前、まで。
この先、熊見曽根まで登れば、あとはお花畑まで下り、
ゆっくり行って、見て来ましょう、ということになり、
もう少し頑張ろう、という気持ちになってきました。
やっぱりニョホウチドリにも会いたいし・・・・・


肩からは、ひと登りで、熊見曽根
ここは登山道の分岐になっているようです。
_DSC7536.jpg


また違う角度で見る山々が面白い。
左端が、さっき登った朝日岳
_DSC7537.jpg



下からは、ザレているように見えたところがこの辺りなんですね。
_DSC7542.jpg



茶臼の右下のあたりの窪地、今は緑一色ですが、ここが紅葉の名所、姥ヶ平、なんだそうです。
へぇ、なんとなく位置関係がつかめてきました。
紅葉の時には、ここは真っ赤に染まると聞いて、秋に期待~
_DSC7543.jpg



広くなっているところで、早お昼を食べて、さぁ、これからお花を見に行きましょう。
私は、ここに荷物を置いて、カメラだけ持って行くことになりました。



イワカガミ
_DSC7544.jpg



ウラジロは、本当にたくさん
_DSC7545.jpg


_DSC7550.jpg



ひっそりと咲くヤマオダマキ
_DSC7553.jpg



アザミが出てきました。
_DSC7557.jpg



カラマツソウ  繊細だなぁ。
_DSC7562.jpg


テガタチドリ  これから咲くのですね。
_DSC7564.jpg


ベニバナイチヤクソウ  
_DSC7569.jpg


そして、この紫色のランが、会いたかった 「ニョホウチドリ」 です。
可愛らしい繊細な 高貴な紫色、
_DSC7571.jpg


_DSC7573.jpg


ウスユキソウ と ベニバナイチヤクソウ
_DSC7576.jpg


白い花は、太陽の下では、なかなか難しい・・・・
_DSC7577.jpg


_DSC7585.jpg


下の方から開花してきています。 
_DSC7589.jpg



再び、ニョホウチドリ
_DSC7603.jpg


どうなっているのかな? アップにトリミングしてみました。
_DSC7604.jpg


ニョホウチドリは、日光の女峰山で発見されて命名されたとか、今はもう女峰山にはないそうです。
栃木県の絶滅危惧種Aランクだそうで、これが見られるのは、とってもラッキーなことのよう。
_DSC7611.jpg


他所にも咲いてはいるようですが、とにかくあまりお目にかかれないことは確かだそうです。
可愛らしい、小さな紫色、見頃は今週一杯くらいでしょうか。
_DSC7612.jpg
そんなお花を見ることが出来て、頑張った甲斐がありました~


こんなザレの一番上を慎重に戻ります。 結構こわい・・・・
_DSC7619.jpg


足元は斜めにはなっているけど、案外大丈夫
IMG_9675mb_convert_20160701142014.jpg
(photo by Laylaさん)



マルバシモツケ
_DSC7623.jpg



オノエラン 
_DSC7629.jpg



クロマメノキ 
_DSC7635.jpg



ピンクのころりんが可愛らしい
_DSC7636.jpg



小さなお花畑、堪能できました。 やまとそばさん、Laylaさん、
連れてきていただいて、ありがとうございました。
ほんと!!、引き返さなくて良かった~  

      ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


再び、熊見曽根まで戻り、あとは大方下り一方。
朝日の肩まで降りてきました。 


かなり人が増えてきています。
_DSC7639.jpg


歩きにくいザレは慎重に・・・・・
_DSC7642.jpg


ほんとにここはすごい
IMG_9702mtb_convert_20160701145539.jpg
(photo by Laylaさん)


IMG_9042zzz_convert_20160701142142.jpg
(photo by やまとそばさん)


やっと、峰の茶屋まで戻ってきました。
IMG_9713mb_convert_20160701142228.jpg
(photo by Laylaさん)


茶臼岳から、200人は超えそうな子供の団体が下ってくるのが見えたので、
巻き込まれないように、そそくさと下山、
最後は曇り空となりましたが、快晴の那須の山を堪能出来て、
愛らしい高山植物もたくさん覚えました。 
リードして下さったやまとそばさん、Laylaさん、ありがとう!!!
寝不足の体でしたが、なんとか無事に下山できました。


那須は風が強いと聞いていたけれど、この日、この時間は、風もなく穏やかで、
暑くも寒くもない、汗もほとんどかかない、という絶好の半日となりました。
しかも梅雨時期と考えると、かなりの幸運に恵まれました。


帰りには南ヶ丘牧場で、ソフトクリーム、yosiさん、いらっしゃったかなぁ??
その後、板室温泉で、汗を流し、充実した一日が終わりました。


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/857-fb952c5c

Comment

トレッキング | URL | 2016.07.02 12:23 | Edit
那須朝日岳良いですね!
これで岩や土が茶色でなく白っぽかったらまさしくアルプスの景色と同じようと言ってもいいくらいです。
小さなお花畑、堪能できて良かったですね!
朝日岳歩いて見たく成りました雨の中でもいいから歩いてこようかなと思うほどです。
山は天気が良いのが一番ですね!
yuko | URL | 2016.07.02 16:28
トレッキングさん、こんにちは
> 那須朝日岳良いですね!
そんなんです。標高はそれほどでもないのに、とってもアルペンっぽいでしょう。
良い感じでしたよ。
強風が有名らしいけど、あの岩場で風が強かったらちょっと怖いです。
だけど、雨の日はやめましょう f^_^;
> 山は天気が良いのが一番ですね!
そういうことです。とってもラッキーな日にデビューできました。
今度はご一緒しましょう。雨でない日に。
やまとそば | URL | 2016.07.02 19:26 | Edit
yukoさんにとって、良い日に那須デビューでしたね。
日光も良いですが、那須にも日光にない良さがあります。
今年の秋は、天気の良い日に皆で紅葉の那須を楽しみたいですね。
のんびり夫婦の山遊び | URL | 2016.07.02 22:24
yukoさん、こんばんわ!
お仲間との那須岳、隠居倉まで歩かれ、ニョホウ
チドリなど多くの花々に出逢え、また、眺望にも
恵まれ、頑張り甲斐がありましたね。
那須岳、初めてでしたか。
私達は那須岳を何回も歩いていますが、隠居倉は
初めて、あんなに多くの花が咲き、ニョホウチドリ
にも出逢え~感激でした。
女峰山で採取されたというニョホウチドリですが、
もう女峰山には無いのですか。
yuko | URL | 2016.07.02 23:23
やまとそばさん、こんにちは
> 日光も良いですが、那須にも日光にない良さがあります。
本当ですね!まずは最初の展望台から感激のしっぱなしでした〜
広大な裾野に広がりに感動しました。
那須、良いところですねー。
秋はもちろん、よろしくお願いします!

yuko | URL | 2016.07.02 23:33
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは
はい、那須は近いようで遠くてなかなか行く機会がありませんでした。
初めての那須でしたが、最高のお天気に恵まれて、楽しかったー
次回は体調を整えてもっと楽しみたいです。
何回も行かれている方でも、ニョホウチドリは初めてでしたか。
タイミングが難しいものなんですね。私は幸運でした。
もう女峰山には無くなってしまい、太郎山にあるとか?他にもあるようですが、
とても珍しいものだそうですね。みんなで楽しめて良かったです。
Layla | URL | 2016.07.03 23:09 | Edit
那須、楽しかったですね~!
秋はやまとそばさんと二人でしたが、
やっぱり感動は一人でも多くの人と分かち合いたいです~!
今回は yukoさんも一緒で良かった~!!
コースを変えて、季節を変えて、また行きたいですね!

yuko | URL | 2016.07.04 16:48
Laylaさん、こんにちは
月曜日はお疲れ様でした。
> 那須、楽しかったですね~!
本当に、心からそう思いましたよ。ありがとう。
おかげさまでなんとなく周辺の感じがつかめてきました。
あの緑の森が真っ赤に燃えるなんて、想像しただけでぶるぶるっとなりそうです。
秋ではなくてもまた行きたいですね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ