唐松岳に登る その2 朝焼けと八方池編

_DSC9081.jpg
八方池と湖面に映る山並み


去年の秋、トレッキングさんが 「登ってきたよ~」 と見せてくれた八方池からの写真、
その素晴らしさに、心を ギュッと、わしづかみにされてしまいました。


いつかは私も行きたい!! と ずっと温めていた計画、
ここに行くには、お天気でなくては、と 天気予報とにらめっこ。
そして、いつもの仲間たちと一緒に、ここまで来られた~


さかのぼること何十年も前、黒菱スキー場の上部の大学の寮でお正月を過ごしました。
その時はスキーに来ていたけれど、眼前に広がる白馬三山の真っ白な勇姿に
言葉にならないほど感激、それが、私と山との出発点、でしょうか。
間違いなく原点がそこにあったと思います。


それから、しばらくの間、山ばかりに行く日々が続きました。


日々は流れて~、かなり長~いブランクのあと、またぼちぼちと山歩きを再開した私、
そして、それがご縁となり、とっても素晴らしい仲間に恵まれて、今があります。


そして再び、あこがれの北アルプスに来ることが出来ました。


2日目のこの日を大切に!という思いで、朝の3時、起床です(笑)


初め、考えていた星空撮影は、やはり雲が多く、ポツポツと見えるくらい
_DSC8897.jpg
3時48分


大分赤く焼けてきた・・・・・4時11分、
この日の日の出は4時39分(だったかな?) 
_DSC8914.jpg



そして、日の出~ 高妻山あたり、だそうです。
_DSC8957.jpg


お約束通りに、この日は快晴です!
白馬三山に朝日があたって、ほのかな紅色に。
_DSC8961.jpg



下界はまだ雲海の下
_DSC8979.jpg


朝早かったけど、楽しく撮影しました。
DSC001922_convert_20160714152143.jpg
(photo by トレッキングさん)



いったん、戻り、朝ごはんのあと、
fc2blog_201607121824249bd.jpg



唐松岳に向けて出発です。
IMG_9318zzz_convert_20160714150351.jpg
三脚など、今日、不要な荷物は預けられたので、ラクちん。
(photo by やまとそばさん)



五竜岳、鹿島槍ヶ岳をバックに。 素晴らしいお天気です。
IMG_20702_convert_20160714153143.jpg
(photo by トレッキングさん)



さぁ、行くよ~
IMG_20712_convert_20160714153203.jpg
(photo by トレッキングさん)



登り始めてすぐ  まだ朝の斜めの光がなんとも清々しい
_DSC8999.jpg



_DSC9002.jpg
(photo by トレッキングさん)



_DSC9008.jpg



IMG_0328mb_convert_20160714171930.jpg
(photo by Laylaさん)



雲海とは 雲の海なんだなぁ。
_DSC9020.jpg


顔を上げれば、白馬三山
_DSC9028.jpg



眼下には雲海
_DSC9035.jpg


素敵すぎる稜線です。
DSC002462_convert_20160714152232.jpg
(photo by トレッキングさん)


そして、不帰峰が見えてきました。 大きなキレットが怖いです。
_DSC9052.jpg


息ケルン
_DSC9061.jpg


DSC002522_convert_20160714152302.jpg
(photo by トレッキングさん)



そして、こんな絶景の中を下って
IMG_0381mb_convert_20160714170940.jpg
(photo by Laylaさん)




ほどなく、八方池に着きました。
昨日、ガスでほとんど見えなかった山々が、今朝はこんなにはっきりと。
_DSC9081.jpg
左から、不帰Ⅲ峰、 不帰Ⅱ峰南峰  不帰Ⅱ峰北峰  不帰Ⅰ峰  天狗の大下り  天狗の頭  白馬槍ヶ岳



池畔のテラスに座って眺める~  至福の時に、言葉はいりません。
_DSC9099.jpg



こんな快晴ですが、月曜日とあって、贅沢にも2人占め、 モデルになりました。
IMG_9390zzz_convert_20160714150449.jpg
(photo by やまとそばさん)


引き続いて、若い女性グループもモデルになりました。
_DSC9113.jpg
撮る方も撮られる方も楽しかった~


さぁ、これからいよいよ唐松岳へ向かいます。

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/864-d9a3ed2d

Comment

トレッキング | URL | 2016.07.15 18:35 | Edit
満点の星は見られなかったですけど雲海に登る朝日と太陽が見らて良かったです。
八方池で十分時間を取って撮影出来て楽しかったです。
どの写真も良いですけど眼下の雲海が映り込んだ写真がとてもいい雰囲気を醸し出しています。
のんびり夫婦の山遊び | URL | 2016.07.15 22:03
yukoさん、こんばんわ!
いや~素晴らしい写真のオンパレード、お仲間の
皆さんと最高の日に歩くことができ、良かった
ですね。
八方尾根からの鹿島槍や五竜、八方池からの白馬
と本当に素晴らしい眺望でしたね。
このような眺望はめったに得られません~さぞ、
シャッターも軽やかだったでしょう。
レポの続き、楽しみにしています。
yuko | URL | 2016.07.15 23:53
トレッキングさん、こんにちは
星空は残念でしたが、その他にも十分すぎる大自然の姿、
満喫できましたよね。やはり泊まりは良いなぁ。
トレッキングさんこそ、素晴らしい写真をたくさん撮ってらして、
拝借させていただきました。
八方池、人も少なくて、最高でした、今、思い出しても夢のようです。
yuko | URL | 2016.07.15 23:58
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは
やはり山は天気、ですね〜〜、つくづく思いました。
今回はくるくる変わる天気予報、なんとかみんなの予定とぴったりと合わせる事ができて
とっても幸運な、二日間でした。
やまとそばさんと同じような写真ばかりを載せてますが、やはり良いところでは撮りますね〜〜笑
> シャッターも軽やかだったでしょう。
そうなんです。自分の写真、プラスみんなの写真、みんな軽やかに撮っていたので、
写真の整理に嬉しい悲鳴です。
Layla | URL | 2016.07.16 14:21 | Edit
暗いうちからの早朝撮影。
なかなか日頃から練習できないので、
反省点でいっぱいです。(;´д`)
みなさんそれぞれ良い雰囲気で撮られているので、
これから写真を整理する私はまた具合が悪くなりそうです。w

幻想的な八方池も良かったのですが、
やっぱり一度は見ておきたい、山が映った晴天の八方池。
初回で見れちゃって良かったのでしょうか。
今後二度と見れないのかも、と悲観的な私です。w
でも、そのくらいラッキーで美しかったですよね!

写真に夢中になっていたらやまとそばさんが見えなくなって、
「あれっ!もう行っちゃったかも!?」
と見回したら、まったりおじさん達の中にすっかり馴染んでいて、笑いそうになりました。
それをしっかり撮っている yukoさん、さすがです!w
あれ、いい写真ですね。
みんなあそこではああいう気持ちになりますよね。
yuko | URL | 2016.07.16 23:38
Laylaさん、こんにちは
> 暗いうちからの早朝撮影。
そうですよね、一応いろいろ考えて行ったのですが、刻々と空の色が変わっていくので、
半分パニックに f^_^; ボツ写真の多いこと!難しいですね〜、
あれで満点の星空があったら、寝る時間がありませんでした。

> と見回したら、まったりおじさん達の中にすっかり馴染んでいて、笑いそうになりました。
ですよね〜、まるで風景の一部のように、すっかり馴染んでました 笑
私も好きな写真です。なんだか良い雰囲気でした。背中が語る、とでも言うか。

もしかしたらLaylaさん、晴れ女? 那須でも快晴だったし、紅葉のときもでしょ?
ともあれ、初めてでもなんでも、見られて本当に幸運でしたね。
常に謙虚にしていれば、きっと山の神様も微笑んでくれるでしょう。
また行きましょう!
やまとそば | URL | 2016.07.17 05:35 | Edit
先日はお疲れ様でした。
本当に素晴らしい天気、良い一日でしたね。
朝のショーも素晴らしかった~。
yuko | URL | 2016.07.17 12:19
やまとそばさん、こんにちは
なんだか完全燃焼した気分です。それほど楽しかったんですよね。
夏山もいよいよこれから。
また遊んでください。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ