唐松岳に登る その3 登頂編

_DSC9210.jpg
唐松岳とはるかに剣岳を望む




_DSC9126.jpg
八方池から先は、登山装備が必要な山道、となってきます。
いままで、砂礫と岩がゴロゴロの稜線でしたが、少しの間、樹林帯の中を行きます。



しばらく行くと、扇雪渓
_DSC9138.jpg



扇雪渓の脇を巻いていくと、 そろそろ樹林帯が終わり、ハイマツ帯となってきます。
また小さな雪渓が現われました。
IMG_0437mb_convert_20160714173235.jpg
(photo by Laylaさん)



雪渓の上を行くトレッキングさん
_DSC9147.jpg



随分登ってきて、不帰峰も段々と近くなってきます。
_DSC9151.jpg



あれ?唐松岳が見えるかな?
_DSC9161.jpg


DSC002972_convert_20160714175339.jpg(photo by トレッキングさん)



高山っぽくなってきます。
_DSC9176.jpg



登山道は、巻く道となってきて、ガスのかかり方が アルペンチック~
_DSC9178.jpg



不帰の険も ガスがかかってますます険しく見えます。
_DSC9186.jpg



岩肌にしがみつくようなお花たち
_DSC9190.jpg


_DSC9191.jpg



岩が崩れている難所
_DSC9193.jpg


怖い所ですが、道は水平道です。
_DSC9197.jpg
あの先を曲がったら、そろそろ小屋が見えるのかな?



そして、ついに向う側が見渡せる唐松岳の肩までやってきました。
立派な唐松岳頂上山荘が目の前です。
_DSC9198.jpg


その先には、唐松岳! あと少しで山頂です。
_DSC9208.jpg


そして、深い谷をへだてて、ひときわ目立つのは、剣岳!
_DSC9209.jpg
なんだか、ものすごく遠くまで来たんだなぁ・・・・・・ 



唐松岳頂上山荘前にて
IMG_9468zzz_convert_20160714220805.jpg
ずっと以前に訪れた時に比べて、本当に立派になっていてびっくりでした。


ここで早お昼を食べ、ゆっくり休憩してから、いよいよ唐松岳へ! GO!



_DSC9235.jpg



不帰峰が下に見える!
_DSC9219.jpg


_DSC9224.jpg


頂上山荘は、なんというところに建っているのでしょう・・・・
右端は五竜岳、とても立派な山容です。
遠そう・・・・・・・・
_DSC9244.jpg
山荘からギザギザに下に延びる道の先は テント場となっています。
確かに、平坦なところが全くないので、ここしかありません。



そして、ついに、唐松岳山頂に到着です。
7_11-6b_convert_20160714220932.jpg
(photo by Laylaさん)


_DSC9255.jpg  _DSC9258.jpg  _DSC9261.jpg


_DSC9262.jpg


一体どこを歩くのだろう、と思うような不帰の険
_DSC9263.jpg



はるか昔、夫と二人で、白馬大雪渓から登り、白馬山頂にテント泊、
翌日、白馬岳を登ってから、杓子岳、白馬槍と縦走して、不帰の険を経由して、
唐松岳でテン泊したことがありました。
前半は快調だったものの、後半、不帰の険で、緊張のせいか、ものすごく疲れて、
食事も喉を通らなくなり、その日はテント場から動けず、翌日、八方尾根を下山したことがありました。
計画では、五竜岳から鹿島槍まで行くことになっていましたが、私の体力気力では無理でした。
20代のころです。


不帰の険を間近に見て、思い出しました。


八方尾根からの唐松岳、急峻な尾根が多い北アルプスの中でも、
登りやすい尾根となっていて、高低差は871mながらも、距離が長い~
さすがは北アルプスだなぁ。


天気予報をじっくり検討した甲斐があって、本当によい天気の中、
ここに来ることが出来ました。
素晴しい仲間あってのことです。



山々の眺めに別れを告げ・・・・
_DSC9281.jpg




八方尾根を下り、帰路に着きました。
_DSC9284.jpg




みなさん、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。



Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/865-a91de8fe

Comment

Layla | URL | 2016.07.16 14:40 | Edit
おぉ! 夫っとさんとテン泊して歩いたんですかっ!?
じゃ、まさに思い出の稜線なのですね。
で、唐松岳で具合悪かったの?
わたしと同じだ。ww
でも全然レベルが違う。。。(^o^;

具合は悪かったものの、景色は最高だし、あの山を歩けていることは嬉しかったんですよ。
今回は一度目ですし、また行けるならあんな風に撮りたい、、
こんな風に撮りたい、と思う所もたくさんあります。
なので、私はまた同じ場所でいいから行きたいな、と思っています。
機会があればまたご一緒してくださいね!
次回の分はレポを楽しみにしています!w
あ、一枚目の唐松岳と剱岳の写真、カッコ良いです!
トレッキング | URL | 2016.07.16 22:22 | Edit
大雪渓テント泊で白馬岳を登ってから、杓子岳、白馬槍、不帰の険を経由して唐松岳へ縦走
五竜岳でも鎖場で大変な山です。
聞いているだけでくたくたに成りそうです。
北アルプスまた行きましょう。
唐松岳もう一度行きましょう。
yuko | URL | 2016.07.16 23:49
Laylaさん、こんにちは
もう大昔の事なので、お恥ずかしいのですが、やはり相当にきつかったので、
よく覚えています。
敗退の歴史は数々あれど、 女峰山敗退とか ね 笑
Laylaさんは歩き始めから調子が悪かったの? 八方池では元気でしたよね?
だとしたら、やはり上部は相当きつかったことと思います。私もヘロヘロでした〜
だけど、みんな揃って山頂まで行けて、本当に良かったし、下りも無事に降りられました。
時間に余裕を持って、じっくりペースでまた行きましょう!
> あ、一枚目の唐松岳と剱岳の写真、カッコ良いです!
剱岳はもちろん見るだけ 笑
立山の方は行ったことがありません。カッコイイお山は険しいですね。
yuko | URL | 2016.07.16 23:56
トレッキングさん、こんにちは
20代の頃は新宿から夜行電車で行ってましたから、元気ですよね〜、
もう、あり得ません。笑
険しい峰々は見て楽しみましょう。
秋にはまた唐松岳、行きたいですね。 次には星空、見えるかな?
天気予報サイト、今回大活躍でしたね!
なんだかもうアルプス、病みつき傾向です。
やまとそば | URL | 2016.07.17 05:39 | Edit
白馬~不帰は憧れの稜線~
結局私はこのルートを歩けずじまいとなりました。
でも間近に見られて満足~
今回は展望に恵まれ素晴らしい景色を楽しめました。
また機会があれば皆で行きたい、ですね~。
yuko | URL | 2016.07.17 12:24
やまとそばさん、こんにちは
> 白馬~不帰は憧れの稜線~
> 結局私はこのルートを歩けずじまいとなりました。
そうだったんですか。
私も今にしたら、どうやって歩いたのだろうと。f^_^;
怖いところ危ないところはもう避けて、これからは楽しく歩きたいですよね〜、
唐松岳、良かったです。また行きましょう。星空リベンジもありますよ〜〜
mokos619 | URL | 2016.07.17 19:42
yukoさん、唐松岳お天気の日に行けて良かったですね。
せっかく行くのなら、絶対晴れの日がいいですもんね。
どの写真も本当に綺麗ですけど、八方池に映り込んだ白馬三山は、みんな心わしづかみにされますよね〜!
私も初めての北アルプスがここだったので、想い出の場所です。
まだ下の子も小さかったのに、私が1番遅かった(笑)
yukoさんは旦那様との想い出の場所だったんですね!
しかも白馬から縦走とは、すご過ぎです(^_^;)
yukoさんのレポを見てたらまた行きたくなりました(*^^*)

のんびり夫婦の山遊び | URL | 2016.07.17 20:35
yukoさん、こんばんわ!
本当に天気に、そして眺望に恵まれた唐松岳でしたね。
不帰の嶮を歩かれたことがあるんですか~凄いですね。
唐松岳、シラネアオイなど花の多い時期に思っていま
したが、歩きそびれてしまいました。
これぞ北アルプスという素晴らしい写真の数々、楽しま
せていただきました。
yuko | URL | 2016.07.18 00:17
mokos619さん、こんにちは
遠い北アルプス、やはりお天気!何と言ってもお天気、ですよねー、
せっかく行くのだから、きれいな景色を見たいですもの。
mokos619さんのところはお子さん連れで行ったのですね。
みんな頑張りましたね。お子さん達の心にもきっと響いたことでしょう。
> yukoさんは旦那様との想い出の場所だったんですね!
はい、つらい思い出の場所ですf^_^;。きれいな景色は忘れても、
テン場で動けなくなっている自分はよく覚えています、
翌日、下れて本当に嬉しかったんですよ、笑
でも、唐松岳はまた行きたいですね〜


yuko | URL | 2016.07.18 11:12
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは

> 不帰の嶮を歩かれたことがあるんですか~凄いですね。
本当に若い時のことですから、今はもう見るだけで十分です。
のんびり花を見たり、景色を見たり、それに加えて夕景、朝焼け、
自分の目で見て、写真にも残せれば、満足です。
やはり北アルプス、素敵でした。また行きたいと思っています。
yosi | URL | 2016.07.21 19:00
遅れたコメで恐縮です。

いいですねえ、花、空、雪、山。と4人。
都合が付けば行きたかったですよ、ほんと。
そんなわけで、今週末は出かけてきます。

yuko | URL | 2016.07.21 19:46
yosiさん、こんにちは
> 都合が付けば行きたかったですよ、ほんと。
なかなかお休みが合いませんよね〜
仕方ないですが、またご一緒したいです。
> そんなわけで、今週末は出かけてきます。
唐松岳から五竜ですか? 2年前の続きなんですね。
ここは行ったことありません。
お天気がちょっと怪しいですが、よい山行を!
晴れ | URL | 2016.07.24 18:15
素晴らしいですね〜〜。数々のお写真に惚れ惚れしました。天気に恵まれたお山で仲間と歩くって素晴らしいです〜*\(^o^)/*
トレッキングさんの八方池の写真を見た時に感動はありましたが、私に行ける場所とは思えませんでした。けれど、八方池までなら行けそうな気がしてきました。いつか私も、沢山の高山植物と水鏡の八方池に行ってみたくなりました。
yukoさん、素晴らしいレポをありがとうございます。
yuko | URL | 2016.07.24 22:08
晴れちゃん、こんにちは、
行けますよー、八方池まではハイキングルートとなっています。
着いた日は日曜日、たくさんの人が歩いていました。
山頂まで行かなくても、お天気が良ければ素晴らしい展望です。
問題は、東京からは遠いこと、連休が取れたら、是非行ってみてくださいね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ