燕岳  1   急登とお花畑

_1170323.jpg
稜線から燕岳を望む



2016年8月7日(日)~8日(月) 北アルプス 燕岳 
参加者 トレッキングさん やまとそばさん 私



7月に北アルプス唐松岳に登り、すっかりアルプス病となった、わけではないけれど、
また行きたい!! の思いがつのり、やっと夏らしくなったこの日、3人で出かけて来ました。
Laylaさんは ヨーロッパ遠征中でお休み~、 居残り組ですが、夏山を満喫してきました。



ふもとの中房温泉は、古くからある秘湯の1つ、
fc2blog_201608100053557f0.jpg
いいお年頃の私たち、無理をせず、前泊をして、明日の登山に備えます。
立派な玄関ですが・・・・・ 私たちの入り口は?


こちらです~ 歴史ある建物です( 古い、ともいう)
fc2blog_20160810010220a49.jpg



新しい「不老の湯」  交代制で、ちょうど女性時間。
きれいでした~ 硫黄単純泉で、お肌がツルツルになった「気」が (笑)
fc2blog_201608100054324ba.jpg



半露天風呂の 「大湯」 だったかな? 男女別です。 湯桶はお約束の ケロリン~
fc2blog_20160810005507718.jpg



日曜日だったので、幸いグループで一室もらえました。
10畳ですよ~、ただ、なんかお化けっぽい(笑) 
幸い、出ることはなかったです。
fc2blog_20160810005725a5a.jpg



夕飯は、風情ある(笑) 食堂で。 十分な量でした。
fc2blog_201608100056291db.jpg



夕食後、温泉に浸かり、 汗が引くまで外でのんびり~
木々にさえぎられたけれど、隙間から、南の空に、さそり座と火星が見えました。
ここは標高が1462mあるので、窓を閉め、布団をかけて寝られました。




さて、翌朝、 いよいよ出発~ 5時半過ぎです。
_1170209.jpg



すぐに急登・・・・・ですが、30分も登ると、第1ベンチ、私たちは水を飲んだだけで、座らずに続行。
_1170212.jpg



第2ベンチ、座らずに立ったままちょっとだけ休憩して。
_1170215.jpg



第3ベンチ、 
_1170218.jpg



そして富士見ベンチ
_1170220.jpg



このあたりから、木々の間に、向うの稜線が見えてきた~ 
_1170223.jpg



と、合戦小屋まで間近になりました。 このプレートは嬉しい! だって・・・・・
_1170227.jpg



合戦小屋は、冷やしスイカで有名だそうですよ~  汗だくの登山者には なによりも嬉しい
_1170232.jpg



一切れが巨大なので、我々は、3つに切ってもらいました。 ちょうど良かった。
_1170233.jpg



ここでは、ちょっとした食事も食べられます。 登ってくる人全員がここで何かを食べている・・・、と思えるほど。
まさか歩荷じゃないよね?  ヘリが着けそうな広場もないし・・・・・
_1170235.jpg
と思ったら、小屋のすぐそばに、荷物専用のリフトのような設備がありました。
さすがは、表銀座、です。



さて、合戦小屋を過ぎると、樹林の間から、向うの稜線がよく見えるようになってきます。
_1170238.jpg



と、ちょこんと見えてきた~、槍の穂です。 いいですねぇ。 一気にテンションアップします。
_1170242.jpg



正面には、燕山荘と燕岳山頂が見えてきました。 
_1170251.jpg



向う側には八ヶ岳も。
_1170253.jpg



高度を上げると、槍に続く稜線も徐々に見えてきました。
_1170257.jpg



このあたりから、急にお花が目立つようになってきました。
_1170270.jpg

オトギリソウ
_1170274.jpg

ハクサンフウロに
_1170285.jpg

トリカブト~
_1170291.jpg



_1170277.jpg



山荘を見上げると、お花畑です。
_1170293.jpg



そして、ちょこっとテントが見えたら~
_1170302.jpg



稜線にあるテント場です。 こんな所でテン泊したら、気持ちがいいでしょうね。
_1170310.jpg



向うにはさえぎるもののない青空、さぁ、どんな景色が待っているのかな? 
_1170312.jpg



稜線に出た!
_1170315.jpg



向う側の いわゆる裏銀座、遠くてなかなか行かれないところだけど、
三俣蓮華岳、鷲羽岳、水晶岳、美しい雲の平くらいは、名前は知っています。
どこがどこだかわからないけど、初めて見る山並みで、感激!
_1170317.jpg



右側には、これから向かう、燕岳山頂。
_1170323.jpg
空身で向かう人も多いけど、私たちは山頂でお昼にしましょうか。




Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/875-93f7c43e

Comment

Layla | URL | 2016.08.12 20:51 | Edit
行かれましたね!!
「The 夏山!」という雰囲気が伝わってきます!
山荘直下のお花畑もきれい!
トリカブトの群生を見るとすでに秋近し、という感じですが、
これが高山の夏かな、という感じでもありますね。
そして稜線に立って初めて見える景色!
そこに立った人にのみ許される絶景が見られて最高でしたね!!
やまとそば | URL | 2016.08.13 05:30 | Edit
お疲れ様、でした。
今回も良い天気~稜線に出てからの展望は最高、でした。
山荘手前のお花畑も素晴らしかったですね。
北アルプス~癖になりそうです。
yuko | URL | 2016.08.13 22:24
Laylaさん、こんにちは
ご一緒できずに残念でしたが、私達は 北のアルプス、行ってきました。
去年の8月は、沖縄に行っていたこともあって、夏山の記憶がなかった分、
今年は 「ザ・夏山」を堪能した気分、やはり稜線に着いて初めて見える向こう側の景色、
連なる山並み、遠くまで行った甲斐がありました。
燕岳の白い箱庭、素敵でした〜
yuko | URL | 2016.08.13 22:32
やまとそばさん、こんにちは
再びの遠征、お疲れ様でした!
> 北アルプス~癖になりそうです。
なりますね〜、あの爽快感はやはり行ってみないとわかりませんよね。
稜線歩き、したくなりましたね〜。
山荘直下のお花畑も見事でした。
夏山もラストスパート。またよろしくお願いします!
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ