燕岳 2 白砂の絶景を見る

tubakuro.jpg
燕岳山頂にて


2016年8月8日


山頂に向かう途中、姿を現した槍ヶ岳
_1170328.jpg



高瀬川に向けて深く切れ込んだ谷と、白砂の斜面には、コマクサの群生。
_1170334.jpg



35分の距離の山頂だけど、なかなか着きません。 あちこちで足を止めて、同じような写真を・・・
何枚も撮ってしまいます。
_1170337.jpg



振り返れば、燕山荘と夏の雲。
_1170343.jpg



こんなに天気が良くて
_1170349.jpg



こんな景色を楽しめるのですから~
_1170350.jpg



遠望に槍ヶ岳、深く切れ込んだ谷と、コマクサ・・・・・ 
頑張って登ったご褒美なんですね~
_1170353.jpg



夏空と雲、花崗岩がかっこいいなぁ、と撮っていると・・・・・
トレッキングさんが手招きを・・・・・
_1170361.jpg



すぐ上が、有名な イルカ岩 でした!
_1170367.jpg
自然の造形美はすごい!



_1170365.jpg



3e96174126101439905ea057fa4327a3.jpg
(photo by やまとそばさん)




雲も取れてきて、表銀座の縦走路もくっきりと見えました。
いつか、(できればこれからでも) 歩きたい!!
_1170380.jpg



いつまでも見ていたい景色、
_1170389.jpg



それだけではない、足元も・・・・・
_1170398.jpg



頭上も・・・・・・・
_1170401.jpg

_1170405.jpg

_1170407.jpg


メガネ岩だそうです。
_1170412.jpg


baacdf8a72b3714d44b6ff4fb39e8119.jpg
(photo by やまとそばさん)



風雨の浸食って、すごいんだなぁ。
_1170417.jpg



どこまでも続いているような階段
_1170424.jpg



稜線一帯が、まるで箱庭のような
_1170426.jpg



そしていよいよ
_1170428.jpg



山頂です。
_1170438.jpg



控えめなプレートがありました。 山頂はとっても狭いので、
一段下で、お昼ごはん。
_1170431.jpg



02463a976ef3bfe4ab9571af59bec90b.jpg


絶景も楽しんだので、燕山荘に戻りましょう。
立派な山小屋です。 泊まってみたいですね~
_1170446.jpg



小屋の先までちょっと行って、槍ヶ岳をバックに。
_1170447.jpg



この縦走路は、相当そそられます。
(晴れていれば)一日中、槍を見ながら歩けるんですね。
_1170455.jpg



小屋に戻って、一休み、なんと、いちごミルク 笑
牛乳に凍ったイチゴの塊がドボンと、 そろそろと崩しながら、いただきます。
_1170462.jpg



_1170465.jpg



_1170464.jpg


こんな稜線で夕焼け、星空、朝焼け、みられるなんて、素敵ですね~ 
昔のテント泊、思い出しながら・・・・・ 下山しましょう。
_1170473.jpg


直下のお花畑は、ここあたりだけ。
_1170474.jpg


槍ヶ岳とも、そろそろお別れです。
_1170475.jpg


まだまだたくさん、登ってきます。
_1170477.jpg


合戦小屋に着くと、これから登る人で大混雑。
下りは・・・・まだ早めなようで、あまりいません。



富士見ベンチ
_1170484.jpg
お二人揃って、高速下山・・・・・本当に早いこと!
私は・・・・私のペースでね。


夏休み、とあって、子供連れ、ファミリー登山がとても多かったけど、
一番驚かされたのが、このファミリー。
第二ベンチで、ゆっくりしていましたが、なんと、子供4人、上3人は男の子、揃いのTシャツ姿、
長男3年生、2番目君は、1年生くらい?  末っ子ちゃんは多分女の子。
おむつが取れるか取れないか? というところ、背負子持参でした。
はぁ、ご両親、頑張りますねぇ。
頼もしいお父さんに、美人のママさん、 若いって、素晴らしいわ~
_1170486.jpg
若い人たちが頑張っている姿を見るのは、なんにしてもとっても気持ちの良いものでした。
子育て、頑張りましょう!



そして、子育ての終わった私たちも、無事に登山口に 到着~
_1170488.jpg


いいお湯で、汗を流して、さっぱりして、 帰宅の途につきました。


今回も、よいお天気に恵まれて、最高の 北アルプス第二弾でした!
トレッキングさん、やまとそばさん、ありがとう。


また行きましょう!!!




Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/876-90c0237a

Comment

mokos619 | URL | 2016.08.15 20:22
こんばんは♪

同じ山に登ったとは思えないくらい、素敵な写真ばかりですね~!
さすがプロです(*^^*)
うううっ。。。次の週にすれば良かった(^ ^;)
そうですか、槍ヶ岳はイルカさんの向こう側だったんですね!
そちらサイドはずーっと真っ白で、いったいどの方角にあるのかすら分かりませんでした(笑)

yukoさんのレポを見てたら、絶対またお天気いい日にリベンジしたくなりました(^^)
次は泊りで行きたいです♪
やまとそば | URL | 2016.08.16 07:23 | Edit
先日はお疲れ様、でした。
稜線に上がってから燕岳まではまるで箱庭の様でしたね。
山頂まで足が止まりっぱなしで絶景を楽しめました。
こんな山行を経験するとはまってしまいますね。
また行きましょう~。
yuko | URL | 2016.08.16 12:16
mokos619さん、こんにちは
行ってから、mokosさんのレポを見て、びっくりしました。
山の天気と予定を合せるのは、難しいですよね~ なかなかベストな時は狙えません。
そうですよ~、正面が裏銀座、左端の方に槍ヶ岳があるんです。
mokosさんは、登る時に見ていますよね。 富士山も見えたとか? 山頂の方がガスだったんですね。

> yukoさんのレポを見てたら、絶対またお天気いい日にリベンジしたくなりました(^^)
> 次は泊りで行きたいです♪
何回でもおいで~、ということだと思って、また計画してください。
yuko | URL | 2016.08.16 12:19
やまとそばさん、こんにちは
お天気は狙っていくとはいえ、よくわからない所もありますが、この日も素晴らしい展望でした。
はまってしまいますよね、やはり。
稜線に出てからは、なかなか山頂にたどり着けず・・・・笑
でも、時間的にも余裕があって、燕山荘でもゆっくりできたので、大満足でした。
またよろしくお願いします。
Layla | URL | 2016.08.17 01:28 | Edit
おぉ~。
姉さん、写真カッコ良い!

なんか山の上の砂浜と言う感じですね。
そして砂浜にオブジェが置いてあるみたい。
みんなにビーチサンダル履いてほしい。w

いやぁ~、しかしこの稜線は本当に銀座の大通りですね。
すごいわ。
そしていちごミルクが美味しそう!
et | URL | 2016.08.17 09:27
yukoさんは本当にすごい!
さりげな~く、こんな登山をこなして、そして、こんなにカッコイイ写真をたくさん撮ってきてしまうのなんて。
山の上にこんな花崗岩の芸術があるのですね。自然の造る芸術は規模も大きいし、時間をかけてつくる形が本当に面白い。
稜線からの景色も、岩肌から除く花も、魅力的です。
山登りはとてもできないから、ドラえもんのどこでもドアで移動して観に行きたいくらいです。
いいないいな、と純粋に羨ましく拝見しました。
yuko | URL | 2016.08.17 13:11
Laylaさん、こんにちは
ありがと~ 登りきるまで、ヒーコラしていたのに、稜線に出たら、それまでの苦労もふっとびました。
うわさには聞いていたけれど、この花崗岩の世界、一見に値します。
本当にオブジェが乱立してるのだから、夢中になってしまいました。
私には似合わないけど、ゲージツの世界でしたよ~ 笑
あとは、やはり青空に白い岩が合いましたね~
山並みや稜線も、よいでしょ? 今度は縦走したいな!!ってね。
いちごミルク、ここで飲むと格別!、同じものを頼んだトレッキングさんは、
いちごはガリガリかじり、ミルクは一気飲みしてましたよ~ 笑
やまとそばさんは、小の生燃料でした。
yuko | URL | 2016.08.17 13:23
etさん、こんにちは
ちっとも「さりげなく」ではなくて、それこそ汗だくで登りました。有名な急登なんですよ。
だけど、期待以上の展望と花崗岩の芸術に、我を忘れそう・・・・で、なかなか前に進めませんでした。
やはり白い岩は青空に映える訳で、そんな意味でも、とっても運が良かったな、と思ってます。
「どこでもドア」欲しいですねぇ。
のんびり夫婦の山遊び | URL | 2016.08.17 19:48
yukoさん、こんばんわ!
お仲間の皆さんとの燕岳、天気が良く、素晴らしい眺望に
恵まれ、最高でしたね。
素晴らしい写真のオンパレード、北アルプスでの夏山を
楽しまれた様子が伝わってきました。
燕岳、私達は燕山荘泊で一度だけですが、眺望ばかりでは
なくイルカ岩があったりメガネ岩があったりと、楽しませ
てくれますね。
私達は遅かったですが、凄いコマクサの群生も楽しむこと
ができ、良かったですね。
yuko | URL | 2016.08.18 06:05
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは
燕岳、行ってきました(⌒▽⌒)
噂には聞いていましたが、思っていた以上に素敵な所、
お天気に恵まれたのもあったかもしれないけれど、
稜線の箱庭と、花崗岩の作り出すオブジェには感動しました。
山の上にこんな芸術があるなんて!
燕山荘、お泊まりしたのですね! 羨ましい (⌒▽⌒)
素敵な山小屋ですよね。こんな所で朝晩の景色を見てみたい、です。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ