車山で烈風に吹かれる

_1210999.jpg
車山山頂




全国的に大寒波の先週末、以前から、北横岳に行こう!という計画があったので
数日の間、天気の様子を見ていたら、行く予定の日は、なんと、快晴マーク!、
てんくら でも もちろん登山指数A となり、決行となりました。


長野の北横岳周辺は晴れマークだけど、関東北部山沿いの我が家は
その数日前からずっと雪が降り続き、その朝も当然雪、
除雪車を運転している知人からは、イロハ坂は通行止めになるかもしれない、との情報もあって、
ひやひやして迎えた当日の朝、ダメならダメで、と早起きしました。


幸い、道路は通行できるようなので、とにかく車の様子を見に行くと・・・・・・



フロントガラスの上に積もった雪、夕方からだけで、20センチ強!
fc2blog_20170118155104426.jpg



除雪車が来る前の道路、は、走れる?
fc2blog_2017011815513807d.jpg



そして、除雪前の下りイロハ坂、う~む、なんとか行けそう。 気を付けて行きましょう。
fc2blog_20170118155201951.jpg



さて、無事にみんなが集まった北横岳、でしたが、予報は晴れなのに、なぜか吹雪状態・・・・・
ならば、と B案の車山に予定を変更して、車山の肩から出発することになりました。



CIG_IMG001_convert_20170120100903.jpg
(photo by Laylaさん)



極寒ですが、元気みなぎるみなさん
_1210954.jpg



すぐ上に見えるはずの車山も雲の中、山のシンボル前で、記念撮影~
_1210956.jpg



夏道のロープ沿いにそって、進みます、 積雪はそこそこだけど、なにしろ風が強い!
_1210958.jpg



うう~む、空気が冷たい、と、トレッキングさん。
登るにつれて、雲が切れてくる~
_1210960.jpg



でも、強風がくると、こんな感じに
_1210967.jpg



歩くうちに、天気も回復してきて、頂上のドームも見えてきた、
_1210971.jpg



蓼科山と頂上ドーム、この右手にあるはずの北横岳は、分厚い雲に覆われています。
_1210975.jpg



_1210976.jpg



中央左に見える真っ白な平原は、八島湿原です。
_1210978.jpg



だだっ広い車山山頂、ともかくドームまで行きましょう。
_1210980.jpg



山頂着いたぞ、イェェイ!!、と言いたいところだけど、吹きっさらしの山頂の風は半端ない
DSC00087_convert_20170119155553.jpg
(photo by トレッキングさん)


ビシバシと吹いてくる風は、烈風です。
バラクラバをしてても、寒い、というか痛い!
顔や鼻が凍傷になるのも、わかるな、まぁ、ここはヒマラヤではありませんが。
冷えやすい私の指先は、さっきからジンジンしてるし、
サングラスをはずすと、まつ毛が真っ白になる~


_1210989.jpg



車山神社と、向うに蓼科山、そこに雲がたまり、北横岳は、雲の中、
_1210993.jpg


_1210997.jpg



神社からドームを見る
_1210999.jpg



そして、そのすぐ向う側にあるのは!、スキー場のリフトです。
つまり、歩いて登らなくても、ここまでリフトで来られる、という車山 (笑)
_1220011.jpg



というわけで、ゲレンデの端っこをスノーシューで歩いて下ります。
整地してあるだけでも、ラクちんラクチン~
_1220014.jpg



下から見上げる山頂
_1220015.jpg



夏道の柵に沿って、歩き出しますが、ここからはもうトレースがない。
_1220018.jpg



交代でトレースを付けながら、
_1220020.jpg



行く手に見える蝶々深山に登ります。 
_1220022.jpg



力強くワシワシと登っているように見えますが、 しんどいよ~
CIG_IMG015_convert_20170119162155.jpg
(photo by Laylaさん)
雪は結構深くて、吹き溜まりのようなところでは、腿まで潜る、 
なので、膝を押し付けるようにしながら、ラッセル!! まさか、車山でラッセルとは! 


先頭交代のとき、うっかり吹き溜まりに倒れ込んで、なかなか起きられなかったのは、私です・・・・・・


ともかく、蝶々深山に到着~  残念ながら、北アは雲の中でした。
_1220028.jpg



トレッキングさんも元気に到着~
_1220031.jpg



この時間になって、やっと蓼科山の隣の北横岳の雲が取れてきました。
_1220041.jpg


DSC00105_convert_20170120095758.jpg
(photo by トレッキングさん) 


帰りは、他の人のトレースが付いていたので、良かった~
スノーシューをはずして、ツボ足になったトレッキングさんが先頭で、
_1220043.jpg



コロボックルヒュッテのある 車山肩に
_1220053.jpg



到着しました! いつのまにか、快晴! 
DSC00108_convert_20170119162438.jpg



あまりによいお天気になったので、ここから車ですぐの八島湿原を案内してもらうことに。



途中、まさかの富士山が!!
CIG_IMG021_convert_20170119162346.jpg
(photo by Laylaさん)



八島湿原はハート型♥️で「恋人の聖地」だそうです。
_1220060.jpg



向こうに見える一番高いのが車山、その左の真っ白ななだらかな山が 蝶々深山、
_1220065.jpg
美しい湿原は、完全に雪の下です。


CIG_IMG022_convert_20170120100927.jpg
(photo by トレッキングさん)



こんな幅の狭い木道上を歩くけど、雪に覆われているので、
いやぁ、怖い怖い!
_1220078.jpg



足を踏み外したあと、照れ隠ししてます。
CIG_IMG023_convert_20170119162235.jpg
(photo by Laylaさん)



夕方に近付くにつれて、あっという間に雲が広がり
_1220079.jpg



小雪が舞って来ました。 さぁ、帰ろう。
_1220084.jpg



強い冬型で、天気には翻弄されましたが、一日中雪と戯れ、
楽しくスノーシューを楽しみました。
だけど、風が強かったなぁ。



翌日の菖蒲の庭、かなり降りましたね。
fc2blog_201701181552284dc.jpg

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/935-659c3a68

Comment

Layla | URL | 2017.01.20 13:52 | Edit
車山、お疲れさまでした!
北横には行けませんでしたが、
スノーシュー本来の楽しみ方ができたのではないかと。w
あの木の生えていない、なだらかな丘のような平原をどこまでも歩く感覚は、
なんだか不思議で楽しかったです!
またよろしくお願いします!!
トレッキング | URL | 2017.01.20 20:05 | Edit
お疲れ様でした!
そしてお世話に成りました。
車山積雪が結構有ったので来月の美ヶ原スノーシューも積雪期待してます。
今回はトレースなく真っ新なところを歩けたので新鮮でした。
またよろしくお願いします!
yuko | URL | 2017.01.20 22:28
Laylaさん、こんにちは
お疲れ様でした! 真っ白なトレースの無い雪面を歩くのは気持ちが良かったですね。
ラッセルも頑張れました。 2年前に北横岳に行った時は、これ以上ないような最高のお天気でした。
今回、無理をしないで、車山に行ったのは正解で、こちらの方が青空のもとで楽しめました。
あの辺りの景色の良さは本当に素敵です。
また行きたいですね!

yuko | URL | 2017.01.20 22:36
トレッキングさん、当日は大変お世話になりました。
ちょっと無理をさせてしまったようでごめんなさい。でも、おかげさまで、
真冬の車山と、八島湿原まで行くことができました。
あの辺りの地形も少し頭に入って来たし、大収穫!
本当に楽しかったです。
今回、積雪もたっぷりだったので、2月がまた楽しみになって来ましたね!
それにしても深雪でこけると、厳しいですねぇ 笑笑
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ