クロスカントリーは滑るのか?

_1220147.jpg朝の菖蒲ヶ浜(1月22日)



いつものように、週末日光となりましたが、光徳のクロスカントリーコースも
無事にOPENしたようで、無性に行ってみたくなりました。
_1220112.jpg
すっかり雪の光徳アストリアホテルの庭。 (1月21日土曜日)



今までにも何回も来ていますが、以前は、クロカンどころかスキーも初めての友人を誘い、
大転びさせて、青あざだらけにしたり、夫の友人たちと行って、腰痛にさせたりと、
なにかと不評のクロスカントリー(笑) 
実は私は意外に好き、 なので、その後は一人で行くようにしていましたが、
やっぱり ボッチは寂しいな、ということで、今回、モモクリ師匠を引きずり込みました。



さっそく、ホテルの庭で練習~、ちょっと傾斜になっているところで、滑ってみようとしたら、あらら
全っ然 滑りません(泣)  やっぱりレンタルのスキーは、安全を考えて滑らないのか?
_1220114.jpg
ここのコースで練習している選手たちのように、とは言わなくても、もう少し滑ってくれてもいいのでは?
ワックスでもかければいいのかな? 



モモクリさんは、過去にスキーは一回だけ、あとはスケートがお得意なようですが、
(滑らない)クロカンスキーでも、あまり問題なさそう、さすが、運動神経がいいわぁ。
なので、早速、 「山コース5キロ」 に出ることにしました。



光徳クロカンコースは、1キロ、3キロ、5キロ、10キロとあって、その中でも
5キロの 「公認コース」と 「山コース」、どちらにしようかと迷い、
ひさしぶりに山コースに行くことにしました。



「山コース」は、光徳の駐車場のあたりからスタートして、山王林道を一回横切り、
あとは、光徳牧場の上部を回り、その後、牧場を経由して戻る、というコースです。
_1220116.jpg



コースは整地してありますが、この日は、前夜から降雪だったので、コース上に雪が積もっています。
_1220118.jpg
なので、よけいに滑らない~ww  まさに 「あるくスキー」 状態です。



スキーなら、滑ってなんぼ でしょ、といいたげな モモクリさん。
_1220121.jpg



牧場から山王峠にいたる山道を 少したどって・・・・・
_1220124.jpg



こっちに行くと、学習院の山小屋に着くようですが、コースはこの左の方へ。
_1220125.jpg
このあたりは、高い所なので、ここから先は、牧場に向かって下りになります。



ちゃんと滑れれば、スイスイ~っと、滑れるところも、なんとか滑らせようにも滑らない、
が、後からモモクリさんが、滑ってくる! ずるい!!



と、思ったら、カーブで、 ドテっ!! ひゃあ~ !
_1220127.jpg
結局、下りはこのあたりで終わり、



あとは、牧場に沿って行くだけ~
_1220130.jpg



滑らせようとしてますが、ほんとに滑らないんだからっ 
_1220131.jpg



光徳沼のところで、原コースとの分岐、
_1220133.jpg



あっけなく 出発点に戻ってきました。
_1220136.jpg



雪がかぶっていたから、とはいえ、もう少し滑るもんじゃないの?
以前も同じくレンタルしたのに、今回の滑らなさは、本当に「どうして~?」



選手が練習している 「公認5キロ」 なら、 もう少し滑るのかな? とも思いましたが、
その後、ロビーで暖まり、コーヒーなど飲んだら、
どんどん雪も降ってくるし、すっかり戦意消失 (笑) 
アストリアでお昼を食べて、今日は解散~、 お疲れ様でした。




もともと、この日は、午後からやることもあって、軽めにちょっと行きましょう、という事だったし、
お天気もよくなかったので、モモクリ師匠の
 「(滑らない)クロカン体験」  
という半日となりました。
でも、本当に、お上手でしたよ~  さすが、いつも野山で鍛えているだけはありますね!!





そして、翌朝は、よく晴れました。  この足跡は、シカです。
_1220209.jpg



晴れた朝は久しぶりなので、 外に出てみました。 
真冬になると、朝はあまり外に出ない私です。
_1220156.jpg



_1220161.jpg



朝日に、足元の雪がキラキラしています。
_1220164.jpg



薪ストーブを燃やしているので、暖気が天井にあがり、屋根の雪が ツララとなって 育っています。
_1220176.jpg



真下にいると、ちょっと怖いよ
_1220186.jpg



こちらの軒にも ツララ。
_1220206.jpg



午前中のイロハ下りの道路の雪はもう溶けていました。




Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/936-75ce5c51

Comment

モモクリ | URL | 2017.01.23 20:20 | Edit
いやあ、ほんとうに滑らなかったですね。
おんぶおばけ、か、子鳴きじじいでもスキーの裏にぶら下がってるんじゃないかと思いましたよ。
my板の人は滑ってましたもんね。
いつかリベンジですね。
yuko | URL | 2017.01.23 21:18
モモクリさん、
> おんぶおばけ、か、子鳴きじじいでもスキーの裏にぶら下がってるんじゃないかと
🤣 ( ´Д`)y━・~~ いやぁもう、最後に見たら、スキーの裏に団子がぶら下がってましたからね〜
レンタルのSさんの、陰謀かと思いましたよ。笑笑
> いつかリベンジですね。
今度は滑ってやる〜〜




Layla | URL | 2017.01.23 21:19 | Edit
おぉ! 楽しそう!
モモクリ師匠は土~日曜と奥日光を満喫されたようですね!
来週末の天気はどうかなぁ~。
そろそろバックスも見たいし、困った。w
トレッキング | URL | 2017.01.23 23:47 | Edit
レンタルされたクロカンスキー板
2種類の内どちらの板でしたか?
歩くスキー(クラシカル)XCスキー板
スケーティング(滑るスキー)XCスキー板
エッジ(刃)は付いていましたか?
歩くスキークラシカルXCスキー板は足を前に動かして移動(歩くスキー)なので滑りやすかったら前に進みません。
スケーティング(滑るスキー)XCスキー板は足を前に出してもツルツルして前に進みません。
足をハの字にしてパタパタ前に進みますが少ない力で良く滑ります。
私は、今のスキーを始めてまだ5年くらいしかたってなく今のスキー滑りはまだ素人、以前は踵が固定されてない、つま先だけ付いたテレマーク板で滑ってました。
XCスキーやテレマークスキーだと前に転ぶのでスキー先の反ったとんがったところで顔を切った方何人か見て来てますのでXCで滑る場合、普通のスキーより注意が必要です。
スキーの裏に団子が付いたと言うことはウロコスキー(歩きよう)板だったのかも知れません滑るのは不向きのようです。
XCスキー始めると2種類の板が欲しく成りますよ~。
yuko | URL | 2017.01.24 07:44
Laylaさん、
私は近いので、ちょこっと、という感じで遊べますが、なんせ思ったより滑らなかったので
これだけで来てもらったモモクリ師匠には、申し訳ない?という感じでした。ww
でもまぁ、それなりに山歩きをした、という感じですが、5キロって短いよね。
> 来週末の天気はどうかなぁ~。
> そろそろバックスも見たいし、困った。w
冬場、それも雪がたっぷりある時、というと結構限られるので、行ける期間は案外短い、
Laylaさんは、バックスもあるから余計に忙しいよね。
今週末はどうでしょうか?
yuko | URL | 2017.01.24 07:55
トレッキングさん、こんにちは
レンタルのスキーは、エッジはついていません、靴裏のあたりに、うろこ状のものがあったように思います。
おそらくクラシカルスキー板なのだと思います。
三本松や光徳では、何回も借りていますが、その時には、傾斜地では滑るし、
スケーティングのようにしても滑り、逆ハの字で、登ることもしていました。
今回、新雪パウダーが積もっていた、という条件もありますが、それにしても、
前後に動かしてもギシギシと言う感じで、ほとんど動かない、
傾斜があっても滑らない、逆に危ない感じもしました。
モモクリさんのは、少しは滑ったようです、私のが特に古かったのかもしれませんね。
取り替えてもらおうかと思ったくらいでした。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ