雪の社山に行ってきた!

_1220555.jpg
ひさしぶりに社山に登ってきました。


_1220546.jpg


このところ、インフルエンザがらみで体調がなかなか良くならずにいましたが、やっと回復、
東京での様々な用事や仕事が一段落したので、平日の日光にやってきました。


ところが・・・・ 翌日は、一日中、雪が降り積もり、強風が吹き荒れ、菖蒲にいても地吹雪状態、
いったん落ち着いた雪もまた増えてきました。
そんな中、どうやら水曜日だけは天気が良くなるらしい・・・・ これはどこかに行きたいなぁ、
色々考えた結果、、長いこと行っていなかった 「社山」 がいいんじゃない?
登山指数は A です。



だけど、今は何と言っても2月、いくら雪が少ないだろうとは言っても、積雪期は初めてです。
しかも1人・・・・
そこで、以前、「社山の山頂標識が埋まっていた~」 という写真を見せてもらったトレッキングさんに
情報収集、埋まっていたのは、2015年だそうですが、あの年は、本当に雪が多かった・・・・
今年は、見た目からでもそこまでは積もってないよね?
せっかくお天気が良さそうなので、雪の具合を見ながら、雨量計あたりまででも行ってみようか。
装備は、アイゼンだけ、スノーシューは不要なようです。


2月22日、朝の歌が浜 社山は神々しく光っています。
_1220494.jpg



反対側の男体山、 写真を撮ってから、そそくさと半月峠の閉まっているゲート近くに移動、
今日はここに車を停めます。 もちろん、誰もいません。
_1220496.jpg
支度をしていると、宇都宮ナンバーの軽が一台やってきた、 へぇ? 平日なのに??
中から出てきたのは、男性2人、女性1人の3人パーティです。いずれも若い人たちです。



とりあえず、私は先行、イタリア大使館近くの、しぶき氷などを撮っていると、
3人パーティに抜かされました。 社山に行くのだろうな、、これはちょっとラッキーかもしれない。
_1220499.jpg


前日は、一日中雪、そして今日は平日の水曜日、2月、とくれば、
ほぼ間違いなく踏み跡はないだろう・・・・・ 
先行パーティがトレースを付けてくれれば、事情はかなり変わってきます。


湖畔はツボ足で、 場所によってはずぼずぼとスネの真ん中あたりまで潜りますが、
なにせ3人のトレースがある。 これは大きい!


阿世潟浜までやってきました。  男体の方は、薄曇りです。
_1220510.jpg



荒らされていない雪面に きれいな風紋
_1220511.jpg




阿世潟峠分岐です。 まだツボ足で行けそうです。
_1220516.jpg



林に入ってくると、段々と雪も深くなってきて、 向うに、柵の頭が覗いています。
_1220519.jpg



小さな橋を渡って、急斜面のトラバースをするあたりが、かなり難関、
深い雪にトレースはあるものの、なにしろ斜度があるので、トラバースも怖い。 ツボ足だし。
それに、峠直前の階段状になっているところは、雪が吹き飛ばされて、
ツルテカ状態、ふぅ、怖いよ~ と後ろを振り返る。
_1220520.jpg



着いた阿世潟峠、 昨日降った雪は、暴風に飛ばされたようで、地面が見えています。
_1220521.jpg



向う側は、さらに、だぁれもいない足尾古道。  峠でアイゼンを付けました。 なんだかほっとした。
_1220522.jpg



峠から少し登ると、視界も開け、足尾方面が眼下に。
なんと、はるか遠くに富士山まで見えています。 写真ではなかなか・・・・
_1220523.jpg




さて、ここからは稜線歩きです。 楽しいな。
_1220526.jpg



雨量計のあるピーク、 トレッキングさんは、直登した、と言っていましたが、
先行のトレースは、脇を巻いているので、とりあえず、そこを辿ると・・・・・
夏道よりもずっと下、足尾の方の尾根まで伸びるトレース、 さすがにこれは下りすぎ?
なので、適当な所から、夏道に戻ります。 下りは夏道沿いに行ってみよう。



雨量計まで来ました。 ここまでくると、パッと視界が開けるのが好き。 
時間的にも、体力的にも行けそうなので、とりあえず、山頂を目指すことにします。
_1220527.jpg



行く手を眺めます。 なんかかっこいいな。 
_1220529.jpg



奥に見えるピークは、もちろん 「にせ」のピーク、 社山は、がっかり山とも言われますが (私だけかな?)
行けども行けども、山頂に着かない、ここか、と思うとまだ先がある、 そんな山です。



雪がついていない斜面もありました。 ひさびさに土の感触(笑)
_1220532.jpg


後ろを振り返ると・・・・
_1220534.jpg
ここは巻いています。



2月だけど、こんな穏やかな晴天の日に、ここに来られて幸せ~ と、早々と思ってしまう。
山頂はまだまだ、この辺りで半分。 ふぅ~ 
_1220535.jpg



おお~、大日尾根ごしに、向う側が見えてきた!! 
菖蒲ヶ浜もくっきりと!
_1220536.jpg



ここはまだ山頂ではありません。
_1220541.jpg



男体山の右、はるか遠くには、高原山 
男体山のすそ野が、切れたところが、華厳の滝、その下部は、華厳溪谷です。
_1220543.jpg



そして、ほんの少し、台地状になってくると、やっとやっとの山頂です。 
ふう、お疲れ~と自分に言ってみた。
_1220553.jpg



なかなかいい感じです。
_1220558.jpg



二年前、トレッキングさんが登った時には、この山頂標識は隠れ、右側の木の股に
座れそうなほど、積もっていたとか。 信じられない積雪です。
その日は、展望も全くなくて、しかも1人で山頂までラッセルしたとか・・・・・・
あっぱれです。
fc2blog_2017022318544829f.jpg
(photo by トレッキングさん)




さて、山頂から眺める足尾の谷。 正面の低地は、銅(あかがね)親水公園のあるダムです。 
_1220561.jpg



山頂あたりは、ちょっと雪も深めだけれど、全体的には、とっても少ないのでしょう。
稜線の山、社山のルートで言えば、阿世潟峠直下が一番の積雪でした。
_1220565.jpg



切り株が三つ並んでいるあたりは、いつも私がお昼をたべるところ。
一番景色がいい所です。
_1220570.jpg



まっすぐ下に延びるトレースは、私のもの、右にそれているのは、おそらく鹿さん、
このあと、右側のすごい崖を下っているのです。
_1220577.jpg


そこから山頂方面を眺めます。 あまりにきれいで、下りたくない、けれど、ちょっと寒くなった来た。
_1220578.jpg


さて、先行パーティ、とっても足が速いので、全く見かけませんでしたが、
どこまでいってもすれ違わない、山頂で休んでいるのかな? と思ったけど、
そうではなくて、おそらくクロビ岳方面へ縦走したようです。
千手ヶ浜に下り、湖畔を歩いて、竜頭の滝駐車場にデポしてある車に戻るのかな?
それにしても真冬のクロビへの縦走、すごすぎる!
でも、この先行パーティのおかげで、トレースを使えたので、私は山頂まで来られたようなもの、
会ったら、お礼を言いたいと思っていたほどなので、本当にありがたかったです。



帰り道、雨量計ピークのヤセ尾根
_1220584.jpg



雨量計下の夏道あたりにあった足跡、 初めて見ましたが、これは クマ?
大きめな肉球としっかり五本指、なんだろう?
_1220589.jpg



おそらく、この日のものかと・・・・・・・  おもわず、辺りを見回す。
_1220588.jpg



後で教えていただいたところ、親指の開き加減から、多分猿のものだとわかりました、
クマだったら、もう少し大きくて、親指?は開いていないようです。
ちょっとホッとしました。



下りはあっという間の、阿世潟峠、休むことなく下ります。
ツルテカ階段も、アイゼンがあれば、へっちゃら~
_1220590.jpg



だぁれもいない、湖畔に降りてきました。 これからが長い!
_1220593.jpg



阿世潟浜辺は、木の影が素敵!
_1220594.jpg



もくもく・・・・モクモク・・・・・と歩くこと 一時間強、雪が深めなので、歩きにくく、
ことさら長く感じましたが、3時過ぎに無事に駐車場に到着!。



ひさしぶりの登山、それも7時間半、いやぁ、長かった~  これは間違いなく筋肉痛だな。
誰もいないだろう山道、ことさら、転倒などしないように、十分注意して行ってきました。
不測の事態にならなくて良かったです。
出張中の夫っとに連絡すると・・・・・・

 「単独行は、避けてください」  と、

叱られました。


ふぁ~い。 

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/946-656fb9d6

Comment

トレッキング | URL | 2017.02.23 20:34 | Edit
天気に恵まれ素晴らしい!展望でしたね。
こんな写真を見せられたら直ぐにでも行って見たくなります。
雨量計下の夏道クマですか!クマったなぁ!!
雪山登山経験すると、その魅力に魅了され次も登って見たくなるでしょう。
っと良いながら雪の八方尾根・唐松岳登山と白馬大雪渓にと誘い入れてます(笑)


yuko | URL | 2017.02.23 23:00
トレッキングさん、色々アドバイスありがとうございました。

> 雨量計下の夏道クマですか!クマったなぁ!!
クマったクマった、けど、元々ここにいるクマさんの縄張りですからね、
そうっと、出会わないようにするしかないですね。

> 雪山登山経験すると、その魅力に魅了され次も登って見たくなるでしょう。
今回は、なんだか春のような社山で、本当の雪山!という感じではなかったですけど、
やっぱり白いお山はすごい! 白馬三山も真っ白だと魅力は三倍でしたよね。
行けるところには、行きたい~。
tsutomu | URL | 2017.02.24 11:55
こんにちは、ツトムです。
よく山歩きをされているようですね。時々ブログをみ拝見しています。
足跡は大きさや形からすると猿ではないでしょうか。親指が内側に向いていませんでしたか?
社山も楽しそうですね。
私は、22日は赤城の黒檜山に行きました。トレースがなくしっかりラッセルしてきました。友人が^_^
3月のウィークデイに中禅寺湖雪見カヤックに行きたいと思っています。菖蒲ケ浜か歌が浜からぐるっと一周しようかと思いますが、今年はどちらがカヤックを出しやすいですかね。
yuko | URL | 2017.02.24 12:24
ツトムさん、お久しぶりです。コメントいただけて嬉しいです!
他でも教えていただいて、やはり猿のようですね!
クマだったら、親指の形が違いますね。ありがとうございました。
猿はたくさんいますが、足跡を見るのは初めてでした。

> 私は、22日は赤城の黒檜山に行きました。トレースがなくしっかりラッセルしてきました。友人が^_^
黒檜山、行きたいと思っていましたが、未だに機会がありません、
週末は混んでいるそうですが、さすがに22日はトレース無しでしたか!笑

> 3月のウィークデイに中禅寺湖雪見カヤックに行きたいと思っています。菖蒲ケ浜か歌が浜からぐるっと一周しようかと思いますが、今年はどちらがカヤックを出しやすいですかね。
歌が浜からはカヤックを出したことがないので良くわかりません。
菖蒲ケ浜は、今現在、雪のため、浜辺まで車は入れない状況ですが、あとひと月経てば
だいぶ違うかもしれませんね。出しやすさからいえば、金谷ボートハウスの浜もいいですが、
こちらもやはり浜辺まで車が入れるかがネックです。今は多分無理です。
もう少し経ったら、変わってくるかもしれません。
行く日が決まったらご連絡下さい。
のんびり夫婦の山遊び | URL | 2017.02.24 22:42
yukoさん、こんばんわ!
社山で雪山と眺望を楽しむことができ、良かったですね。
お一人で雪山の社山歩かれたとは凄いです。それにしても
随分と雪が少ないですね。
お昼を食べられたところ辺りからの中禅寺湖と男体山など
の眺めは本当に最高~飛び立てそうですね。
残念ながら今年は雪の社山の予定がなくなってしまいました
ので、レポを楽しませていただきました。
yuko | URL | 2017.02.24 23:11
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは
平日だったので誰も誘えませんでした 笑
それにしても思ったより雪がない!ですよねー。
もう少し全体的に白かったらもっと良かったな、とは思いましたが、
今回はトレースを使えたからで、あまり贅沢は言えません。
私の体力では、ギリギリでした。
この間の霧降の時は社山の予定の変更だったのですね。
もうすぐ3月、湖畔の雪はさらに少なくなって来ています。
もう春ですねー
Layla | URL | 2017.02.26 23:13 | Edit
行きましたね!
私は今年も機会を失いました。
どうも一人ではあのヤセ尾根を歩くのは怖くて。
雪が積もっていたら足元から崩れないのかな?、と。
それにしても、トレッキングさんの写真と比較すると、
やはり雪は少ないのですね。
今年は東京もほとんど降らずホッとしていますが、
山で降らないのは何とも、と言うのは外ものの意見ですね、きっと。
でも、トレッキングさんの写真の雪の量が解けて地中にしみ込むのと、
今年や昨年の雪の量では随分山の水分量が変わる気がしますよね。
大丈夫なのかなぁ。。。。
ゲリラ豪雨やゲリラ積雪も困りますけどね。

社山の雪の稜線、きれいですね!
やっぱりそのうちに行ってみたいです!
yuko | URL | 2017.02.26 23:34
Laylaさん、行ってきました。
たまたまの機会があったので、行かれたようなもの、それに平日に先行者がいたというラッキー。
ヤセ尾根は、確かに怖いですが、ほんの一部ですから~
それより、ツボ足で、峠の直下の階段の方がずっと怖かったですよ。

> 社山の雪の稜線、きれいですね!
> やっぱりそのうちに行ってみたいです!
いつも下から見上げているだけだったので、白い稜線きれいでした~ 
2年前は、確か豪雪だった時、もうあんなに降ることはないでしょうね。
今の感じだともう溶ける一方、砂州もどんどん広がっているし、今年も渇水なのかなぁ、と
やっぱり不安になります。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ