八方尾根再訪 <魅惑の春の雪山> 

_1230888-2.jpg
山荘から見る白馬三山
八方尾根再訪<夕景とか日の出とか>  の続編です。



さて、朝食も早々に終わらせ、私たちも出発します。 八方池山荘は 1830m
IMG_9648mM_convert_20170419143050.jpg
(photo by Laylaさん)



だけど、景色に見とれてなかなか進まない~ 
IMG_9655mM_convert_20170419143432.jpg
(photo by Laylaさん)



先は長いので、頑張りましょう
左から、双耳峰は鹿島槍、 続いて五竜、右側は目指している唐松岳方面です
IMG_9675mM_convert_20170420121201.jpg
(photo by Laylaさん)


ほどなく八方山ケルンです。 1974m
尾根の広い八方尾根は、濃霧や雪の時、道に迷いやすい・・・
そのため、過去にも遭難もあり、こうして、何か所にケルンが建てられています。
_1230896.jpg



DSC00940_convert_20170420120758.jpg
(photo by トレッキングさん)



こうしてみると、本当に広い尾根です。
_1230904-2.jpg





上部に行くと尾根らしい姿になりますが、このあたりはまだまだ広い。
_1230906.jpg



鹿島槍と五竜が 本当にすっきりとかっこいい
_1230908-2.jpg



ぐんぐん登ります。
IMG_9692mM_convert_20170420121052.jpg
(photo by Laylaさん)



顔のようなケルンは、 八方ケルン 2035m
_1230910.jpg


_1230915-2.jpg



左下の方に、階段が見えていますが、この下の方に、八方池があります。
現在は凍結していて、真っ白に雪をかぶり、池の存在を示すものはありません。
_1230916.jpg



池ちかくの稜線にて。 
_1230919.jpg



池の真上の 八方池ケルン2080m。 ここまでは、ハイキングコースです。
_1230924.jpg
(photo by トレッキングさん)


DSC00952_convert_20170420120830.jpg



yosiさんを真似る。 
IMG_9708mM_convert_20170420121128.jpg
(photo by Laylaさん)


ここから上は、夏でも登山装備が必要となってきます。
傾斜も段々と増してきました。
_1230929.jpg



休憩~  前ツメ付きのアイゼンとストック、  ピッケル装備の人や、まれにスノーシューの人もいます。
_1230936.jpg


このあたりだけダケカンバの林。 
_1230943.jpg



正面は難所の不帰峰、 天狗の大下り(キレット)のあとに、小さ目の不帰Ⅰ峰、 やや双耳峰の不帰Ⅱ峰(北峰と南峰)
三つギザギザしているのは、不帰Ⅲ峰です。  その隣に、ちょこっと見えるのが唐松岳です。
_1230949.jpg
はるか大昔、秋の連休に、白馬三山を縦走して、この不帰の険を通り、
あまりの険しさに精神的にすっかりやられ、
唐松岳のテント場でダウンしてしまったのを思い出します。



丸山ケルン近く、五竜岳を背景に、休憩する登山者。 カラフルなウェアが白い雪に映えます。
_1230956.jpg



雪があるこの時期、 どこでも歩けるのは、いいな。
_1230961.jpg



丸山ケルン 2430m
_1230958.jpg




あと少しだよ~
_1230990.jpg



夏道と違うけど、かなりの急傾斜
_1230999.jpg



慎重に・・・・・ 乗り越えると・・・・
_1240009.jpg



唐松岳の肩に到着~  正面は唐松岳2696m、 向うには、剣~立山、
中央下のまっすぐなのは頂上山荘の屋根です。 営業再開は、もう少し先です。
_1240015-2.jpg



のんびり休んでいるように見えますが、さすがにここまで来ると、烈風で、
時々は立っていられないほどの風です。
_1240016.jpg


_1240021.jpg



あまりの烈風と、メンバーの体調不良で、ここから引き返すことになりました。
唐松岳山頂と、向うの剣、立山方面をバックに、記念撮影~
またいつか来ましょう。
_1240037-2.jpg


DSC00973_convert_20170420120925.jpg
(photo by トレッキングさん)



引き返すと決まれば、即、下山。
_1240043.jpg



段々と天候が悪くなっていく中、 日帰りで来た人が、続々と登ってきます。 
_1240059.jpg



上を振り返る。  また来たいな~
_1240067.jpg



丸山ケルン、 このあたりは、絶好のゲレンデ、スキーヤーは全員外国人。
_1240073.jpg



山スキーを背負う人。
_1240086.jpg



ヒップそりで滑るトレッキングさん。
_1240089.jpg



モクモクと下り、八方池まで降りてきました。
_1240101.jpg



八方ケルンが見えてきました。
長い八方尾根、でもさすがに下りはずっと早い。
夏場は大きな岩がゴロゴロしている登山道ですが、雪に覆われていると本当に歩きやすい~
_1240110.jpg
雪山というリスクはあるけれど、天候さえ良ければ、ずっと歩きやすい春の雪山、
なんだかすっかりはまりそう。



八方池山荘と、リフトが見えてきました。
_1240119.jpg



八方池山荘到着は、14:00。
写真を撮りながら、ゆっくりゆっくりと登ってきました。 
夏と違う展望の素晴らしさ、 白き峰々、そして、アイゼンがよく効いて、歩きやすい春の雪山。
今回は、風がとても強く、山頂は踏めませんでしたが、 たっぷりと楽しめた山行でした。



みんなで行きたいから、と、今年の唐松登山をずっと待っていてくれたトレッキングさん、
宿の手配からなにから、本当にお世話になりました。
往復の運転もありがとうございました。 



山荘に預けておいた荷物をまとめて、再びリフトで下山します。
なかなかリフトで降りることはないので、とっても面白い(笑)
_1240126.jpg



ここの急斜面は、春になると、こんなコブコブ斜面になります。 私にはとても太刀打ちできない難しさ。
春は、腕(足?)に自信がある人だけが、楽しめるゲレンデになります。
_1240143.jpg
雪山も美しかったけど、カラフルなウェアが舞うゲレンデも、見ていて楽しいな。



ゴンドラアダムに乗り継ぎ、無事に白馬村に降りてきました。



楽しい、充実した2日間でした。




Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/963-c4af7468

Comment

のんびり夫婦の山遊び | URL | 2017.04.21 18:55
yukoさん、こんばんわ!
初日は風が強くて大変だったようでしたが、次の日は天気も
良く、お仲間の皆さんと雪の唐松岳を楽しむことができ、
良かったですね。
それにしても雪の唐松岳、絶景に次ぐ絶景、素晴らしい写真
のオンパレード、楽しませていただきました。
八方尾根スキー場、遥か昔一度だけ滑ったことがありますが、
コブだらけのバーンに手こずったことを思い出しました。
トレッキング | URL | 2017.04.21 21:52 | Edit
お世話に成りました!
土曜日白馬に到着して雨とゴンドラ・リフトが動かない時は、この後の予定を変更も含めて考えてましたが
ゴンドラ・リフトが動いて八方池山荘に到着してほっとしました。
午前中まずまずの天気に恵まれて八方尾根を楽しめて良かったです。
今年は、行きたい山がたくさん有りすぎて忙しく成りそうです。
yuko | URL | 2017.04.22 10:06
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは
やっと行ってくることができました。みんなの予定とお天気とうまく
合わせるのはなかなか大変ですね。
強風は土曜日がひどく、日曜日はまずまず、さすがに山頂近くは烈風でしたが、
なんとか歩ける程度でした。両側の景色をずっと楽しめるので、本当にこの、稜線、大好きです。
八方尾根スキー場、だいたい手強い所が多いですね。このコブバーン、以前に来た時にはコブはなかっですが、
すごい傾斜で大変でした。春になるとコブの整地をするようですね、
yuko | URL | 2017.04.22 10:10
トレッキングさん、今回も大変お世話になりました!
一時は別な山も本気で考えましたよね。ギリギリセーフで山荘に着けた時は、
ホッとしましたね。 あの安堵感は半端ではなかったです。
> 今年は、行きたい山がたくさん有りすぎて忙しく成りそうです。
優先順位をつけましょう! それぞれ都合も違うので、こまめに調整しましょう。
Layla | URL | 2017.04.22 16:52 | Edit
いやぁ~。 いろいろありましたが、まずは9分通り達成できて良かったですね。
私はしんどい面もあったのですが、
やっぱり帰ってきて写真を見ていると、
行けて良かったなぁ~、
また行きたいなぁ~、と思っちゃうんですよね~。
のど元過ぎれば、という典型的なタイプ。(^^;)
一人の山も良いけど、みんなとの山もまた楽しみが違いますしね~。
白馬は山も温泉も景色も、みんな良かったですねー!
トレッキングさんがよくご存じだから、安心してあちこちついて行けたしね。
今後現地で別行動になることもあるかもしれませんが、
また機会があればご一緒してください!
mokos619 | URL | 2017.04.22 22:11
こんばんは♫
お久しぶりです(^^)

冬の唐松岳もいいですね〜!
どの写真もすごく素敵です(*^^*)
いつか行ってみたい場所だけど、冬は登れる自信が全くないわ(^_^;)
でも途中まででも、十分綺麗ですね〜♫
私も、そろそろ再開しないと(*^^*)

Akiyama | URL | 2017.04.22 22:20 | Edit
素晴らしいです....
yuko | URL | 2017.04.23 14:15
Laylaさん、
本当に帰って来たらあの烈風すら懐かしい〜〜(^^) ですね。
いろんな意味でも勉強になったし。これからに活かして行きたいですね。
春山は天気さえ良ければ、とても楽しいです。
私自身は今回は結構調子は良かったので、今後もその感じを忘れずに体調管理をしたいです。
また歩きに行きましょう!
yuko | URL | 2017.04.23 14:19
mokos619さん、お久しぶり〜〜、お元気でしたか?
コメントありがとうございました!
北アルプスはやはり最高です。今回もなかなか行かれずに焦りましたが、
なんとか雪のあるうちに行って来られました。
mokosさん、今年は夏に唐松岳に行かれたら?いいですよー。
たくさんの人が登ってるし、頂上に山荘もあるので安心して登れます。
> 私も、そろそろ再開しないと(*^^*)
ですよ〜(^^) レポート待ってます。
yuko | URL | 2017.04.23 14:22
アキヤマさん、コメントありがとうございました!
やはり青空と雪山は最高の組み合わせ、でした。
そろそろヨットシーズンも本格的になってくるので、お忙しくなりますね。
今年もどうぞよろしくお願いします。
またお会いするのを楽しみにしています。
yosi | URL | 2017.04.24 23:52
たまんないっすねぇ。
五竜、唐松、不帰と夏に見ている景色なので、真っ白な山々にぞくぞくしてしまいます。
唐松の山頂を踏めなくとも、もう十分ずぎるくらいです。
来期はぜひとも行きたいものですね。
yuko | URL | 2017.04.25 15:11
yosiさん、
> たまんないっすねぇ。
よだれが出そうでしょ?(笑)
> 五竜、唐松、不帰と夏に見ている景色なので、真っ白な山々にぞくぞくしてしまいます。
yosiさんnaoさんは、実際に歩いてらっしゃるから、感慨深いでしょうね。
私はもう不帰は行かれないですが、五竜はぜひ、行きたいと思っています。
> 唐松の山頂を踏めなくとも、もう十分ずぎるくらいです。
> 来期はぜひとも行きたいものですね。
何回行ってもいいところ、今度は、唐松~五竜へ回って行きたいな、と思っています。
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ