残雪の燧ケ岳 2

_1240577.jpg
燧ケ岳山頂より眺める尾瀬沼と日光連山



さて、心配していた風もほとんど感じない朝、燧ケ岳に向かって出発します。
一番右端に見えるのが、今日のゴール、俎嵓。
真ん中がミノブチ岳です。 きれいな双耳峰で知られる燧ケ岳ですが、
沼からは、こんな形に見えるのです。
_1240459.jpg



元気よくいくぞ!
_1240461.jpg




まずは大江湿原を・・・・ 向うに三本カラマツ
_1240462.jpg




いつもは大勢の人で賑わうこのあたりも、誰一人いません。
_1240465.jpg



すっくと立つ三本カラマツ、
_1240471.jpg


DSC00516_(1)_convert_20170517162029.jpg
(photo by トレッキングさん)


しばらくは長英新道の長い樹林帯を行きます。
このあたりは、雪がないと案外泥濘だったりもするけれど、
この季節はかえって歩きやすく感じます。


IMG_0883mb_convert_20170517162051.jpg
(photo by Laylaさん)


頑張って歩くと、段々と標高も上がってきて、いつの間にか、向うに白い山々が・・・・
会津駒ヶ岳の方です。
_1240475.jpg



そして、行く手には、燧ケ岳のてっぺんが見えてきた!
_1240476.jpg



樹林も段々とまばらになってきて、俄然、やる気満々!
_1240479.jpg


そして、木々の間から、白い尾瀬沼越しに 日光白根山が顔を出す。
_1240482.jpg



こうなってくると、なかなか先に進めない私たち
_1240486.jpg



下を見ると・・・・
_1240490.jpg



上を見ると・・・
_1240492.jpg



右を見ると・・・
_1240494.jpg



左を見ると・・・・
_1240495.jpg



撮影に余念のないLaylaさん
_1240497.jpg
三人とも写真撮影も大きな目的なので、撮影タイムはきちんと確保。


このあたりから森林限界、最後の急登が始まります。
_1240500.jpg



トレースが付いていますが、ここは夏には通れない、冬場だけの通り道。
_1240501.jpg



モクモクと登って行きます。
だけど、こういうところが大好きな私は、嬉しくて仕方ない。
_1240505.jpg



ざっくりと口を開けている! そっと通り過ぎます。
_1240507.jpg



私たちだけの 白い雪面、ワクワクする~
_1240513.jpg



雪は結構柔らかいけど、アイゼンは効きます。
_1240515.jpg



この斜度はたまらない!
_1240516.jpg



振り返ると、この景色!
_1240518.jpg



ようやく、尾瀬ヶ原と至仏山が見えてきました。
_1240522.jpg



Laylaさんの向うに、ミノブチ岳、見事なツートンカラー、 もうこんなに低く見える!
その向うに、まっしろい尾瀬沼、その上には日光白根山、
夏道は、ミノブチ岳を経由して、右側のハイマツ帯を登ってきます。
_1240523.jpg



山頂もだいぶ近づいてきました。
_1240524.jpg



そして、柴安嵓、ここが燧ケ岳の最高峰ですが、今日は俎嵓に登っています。
_1240525.jpg



はっきりしてきた尾瀬ヶ原と その向うに 花の名峰、至仏山、
この日は、もう入山規制に入り、6月一杯までは立ち入りが出来なくなっています。
_1240526.jpg


正面左下のミノブチ岳、下からみるとあんなに高かったのに、こんなに下に見えるのが不思議。
やや右側の鞍部から、尾瀬沼に向けて、まっさかさまに降りるのが、ナデックボルート。
雪が消えたら、また降りたい。 御池から燧ケ岳に登り、ナデックボを降りて、見晴に泊まり、
裏燧林道を通って御池に戻った時のレポは、 こちら です。
_1240527.jpg



柴安嵓が巨大になってくると、もう山頂ちかく。
_1240529.jpg



山頂直下は、大岩ゴロゴロなので、ここでアイゼンを脱いで、荷物もデポしました。
_1240531.jpg



ところが! 山頂直下に、少し嫌な傾斜の雪斜面があって、
ちょっとひやひやしながらも無事に通過。 ふぅ・・・・



そして、山頂です!、 人がいる~
_1240534.jpg



山頂到着~!! 何度目?かの燧ヶ岳ですが、雪のある時は初めて。
_1240537.jpg


IMG_5556b_convert_20170517162114.jpg
(photo by Laylaさん)


やったね!! イェ~イ!
_1240545.jpg


DSC00544_(1)_convert_20170517162135.jpg
(photo by トレッキングさん)


最近、ブームの山ポーズ。
_1240546.jpg



山頂には、平日にも関わらず、たくさんの人が登ってきていました。
そうなんですね~、御池ルートからは 山スキーヤーの聖地でもありました。
_1240557.jpg
たおやかな会津駒方面が魅力的。



もう一度、柴安嵓に戻って、新潟方面を。
_1240561.jpg



行ったことがないので、なかなか山の名前が覚えられません。
越後の山々も素晴らしい。
_1240562.jpg



おっと、忘れるところでした。 三角点タッチ~
_1240565.jpg


スキーヤーはとっても楽しそうです。
山スキーは持ってないけど、滑り降りたら、気持ちがいいだろうなぁ。
_1240566.jpg



こちらの彼は、どうやらソロ、登山靴を履いていました。
御池からは、少数派の登山者。
_1240574.jpg



日光連山がくっきり。 その一段前の山並みが、鬼怒沼山、あたりなのでしょうか。
いつか大清水から行ってみたいものです。
_1240577.jpg



そして、尾瀬ヶ原、至仏山、奥に、上州武尊山、 いつまで見ていても見飽きない~
_1240580.jpg



こちらの彼も御池からの登山者、山座同定に余念がありません。
_1240582.jpg



スキーヤーのおじさま達。
_1240583.jpg



快晴、微風の山頂、 いつまでもいたいくらいだけど、そろそろ・・・
_1240584.jpg



まずは、岩場を下り、斜面を降りて、デポ地で、お昼ごはんにします。
_1240586.jpg



さて、下山します。
_1240590.jpg


IMG_1002mb_convert_20170517162159.jpg
(photo by Laylaさん)


なかなかの斜度で、いい感じ~
_1240591.jpg



やっぱり雪があるといいなぁ。
_1240593.jpg



ぐんぐん下ります。
_1240594.jpg


きれいだなぁ、下るのがもったいないなぁ、・・・・
_1240599.jpg



斜度はどんどんゆるくなり、樹林帯の退屈な下りを黙々と歩く・・・・
だけど、雪のある長英新道は、悪くない、いや、ずっといいですね。



そして、歩き続ければ、いつかは着く、当たり前だけど、やっと湖畔に降りてきて、
三本カラマツも見えました。
_1240609.jpg



ここにある雪が全部溶けるのは、もう間近なのでしょうね
雪が溶けている場所には、すこしずつ芽生えています。
_1240616.jpg



尾瀬沼ヒュッテに寄り、預けておいた荷物を整理し、本当はもう一泊したいくらいですが、
さぁ、最後の三平峠を経由して、帰ることにしましょう。



湖畔から見る燧ケ岳、素晴らしい展望をありがとう!! 
_1240621.jpg



わずかな三平峠の上りも、疲れた体でヒィヒィと登り、
大清水までの登山道は、踏み抜きもあって、要注意。 
少し疲れて、こけること数回、
ようやく出発地の大清水まで戻ってこられました。


トレッキングさん、宿の手配から 予定をたてていただいて、ありがとうございました。
Laylaさんも私も、大満足の残雪の燧ケ岳、充実した二日間となりました。


Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/972-4c19c6cb

Comment

のんびり夫婦の山遊び | URL | 2017.05.17 21:26
yukoさん、こんばんは!
天気の良いなか、山友さん達と残雪の尾瀬を楽しむこと
ができ、最高でしたね。
長い長英新道も雪があると雰囲気が違い、する~と上り
下りができたことでしょう。
燧ヶ岳頂上からはぐる~と360度の素晴らしい眺望が
得られ、気持ち良さが伝わってきます~ポーズ、良いで
すね。
yuko | URL | 2017.05.18 09:08
のんびり夫婦の山遊びさん、こんにちは
長いブログ、お読みいただき、ありがとうございました。
そうなんですよ、あまり好きではない長英新道も雪があればへっちゃらさ笑
でもないですが、凸凹が消えると、意外に歩きやすかったですね。
まぁ、する~っとというわけにもいきませんが。
やっぱり燧ケ岳、大好きです。山頂の岩場も好き!ってなんだろう? 笑
山スキーはなくても、御池からも登ってみたいです。
山ポーズ、いいでしょう?
Layla | URL | 2017.05.18 09:48 | Edit
二日間、ありがとうございました!
皆さんの写真を見るとまた新鮮に蘇りますね。
山も景色も最高でしたが、ご飯やおしゃべりなど一緒に過ごした時間も楽しかったです!
またよろしくお願いします!
yuko | URL | 2017.05.18 12:52
Laylaさん、
こちらこそありがとうございました!
やっぱり泊りはいいですよね~ それに一日目は本当にまったりとしていました。
翌日も心配していた天気は一日最高だったし、登れたし、いう事なし。
また行きましょう! 
Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ