初めての那珂川

fc2blog_20170529233234ed5.jpg


カヌーのメッカ、那珂川で、ガイド付きのツアーに行って来ました。
夏に遠征をする事になったので、、久しくしていなかったカヌーの川下りを
練習しよう、という事になりました。


2017年5月28日



車にはこんな感じに積んでいます。
前回の練習のおかげで、だいぶ手早く出来るようになりました✌️




ツアー会社があるのは、茨城県常陸大宮市野口、
レンタルカヌーもありますが、私たちは持ち込みしました。
ここに車は置いて、カヌーと人を出発地まで運んでくれます。




大瀬キャンプ場で、記念撮影〜〜
これからガイドさんと一緒に下ります。




同じ場所から、大勢のパーティがスタートしました。

それを見送ってから



私達も出発です。
昨日は20人のお客さんだったそうですが、今日は我々だけ。




風は穏やかで、川面に雲の影。




うしろの夫っとを。 首に巻いたタオルで、まるで工事現場のおじさん、




なので、はずしてもらう。 あまり変わらない・・・・・  
それよりフネと一緒で、年季の入ったライジャケです~
人も年季、入ってます ww




川下り、 久々なので、忘れてたけど、なんと、流れがあるんだ!
そりゃあ、川だからね、 だから、風さえなければ、漕がなくても進む!! 

湖と違って、これはすごい。



こちらは2人艇なので、2人でワシワシ漕ぐと、ガイドさんより先に行ってしまう・・・・
なので、私は漕がなくてよし!、ということになりました。 




いやぁ、ラクちん~




途中、瀬もあるけれど、大したこともなく、ちょっと底面をこすって、ヒヤリ、としたくらい、



那珂川は、アユ釣りとカヌーで有名ですが、アユが解禁になる6月からは、
岸辺にずらりと並ぶ釣り人と カヌーの間で、小競り合いになったりするほどなので、 
こんな静かな川を楽しめるのも、5月一杯です。



ウグイスや鳥の鳴き声、カジカの鳴き声、グライダーのようなトンビ、魚を探すサギ、
野生のウサギ、川面を跳ねる魚、と、自然も一杯。



人工的な護岸がほどんどなく、優しい岸辺が続く那珂川、少しの釣り人や
水遊びの家族連れの姿をまばらに岸辺に見ながら、ゆったりとした川の流れに
身を任せ、たゆたう、というこの川下り、 



予想した以上に、贅沢な豊かな時間です。



途中、中洲に上陸しました。



暑いですが、ここでランチとなります。



カセットガスバーナーを使って、なにやら調理するガイドのヨッシー君。




聞けば、ここ常陸大宮市の出身で、今は、東京の大学生、
週末はガイドのアルバイトで、郷里に戻ってくるそうです。
実家を離れるまで、自分が育ったこの地が、これほど素晴らしい所だとは、
気が付かなかった・・・・・ と言っていました。



外に出て初めて見えてくる、そんなものも、たくさんあるのですね。
郷里に誇りをもっているヨッシー君、とっても爽やかな青年です。



さて、ランチも出来たようです。

昨日は20人のお客さんだったということですが、
20人分を野外で調理するのは、大変ですね。 どうやったのかな?
今日は3人分、良かったね。



牛肉と野菜の炒め、ライス添え、 焼肉のたれをかけていただきます。
外で食べるご飯は美味しいなぁ。

あとは、お湯を沸かして味噌汁があるとのことだけど、暑いのでいらない 笑


外ランチにはうるさい夫っとですが、カヤックに積んでくる、というこの場合、
ミニマムな支度で、仕方ないかな? 食後のコーヒーがちょっと欲しかった・・・



今は、ここにいます。 地図にも中州はちゃんと出ています。




目の前の橋が 新那珂川橋、

橋の向こうの緑地では、さきほどの大人数パーティが陣取り、
BBQをしている模様です。 カヌーの距離は私たちの半分だけど、
これはこれで楽しそうです。



さぁ、また午後の部、スタートです。




小さな入り江に入って、休憩~




こんな形の木のフネが、あちこちに係留されています。
これで何を獲るのでしょうか。




漕がなくても、川の流れで進んでいく、そんなカヌーの遊び方があるなんて!
今まで、湖で風に逆らって思いっきり漕いだりしていたのは、なんだったのだろう?と
思えるほど。

那珂川という、自然いっぱいのこの川、豊かなのんびりとした時間を満喫できます。


そろそろゴールの橋が見えてくるころ、向かい風が吹いてきたので、
私も時々、漕ぎました。

橋の向こう側が、ゴールとなります。
河原に着いたら、フネはあとで、車で回収してもらえます。


今回、お世話になった ストームフィールドガイドさん。

まるで海の家のようなたたずまいです。


フネを持ち込みしても、出発点まで、フネと人を送ってくれるサービスもあるので、
今度は、自分たちで来てみたい。
もちろん、カヌーレンタルもあるので、空身で来ても大丈夫です。
とても親切で、いい感じでした。


ストームさん、来週は、菖蒲ヶ浜でカヌー教室をするとのこと、
もしかしたら、お会いできるかもしれません。


ほとんど、漕がなかった私は当然としても、ゆるゆると漕ぐだけだったので、
「なんか、全然疲れなかったね」  と、夫っと。
こんな楽しみ方もあるんですね~



翌日は、全国的な大快晴、帰る前に、歌が浜に寄ってみました。



空も湖も真っ青です。




絵に書いたら、青がすぐになくなりそう~




こんな日は、遊覧船、乗りたいな。




浜辺も夏の色合いです。

Trackback

Trackback URL
http://jhety.blog18.fc2.com/tb.php/977-a2bf6385

Comment

et | URL | 2017.06.02 17:05
空も水も真っ青な景色。素敵です。
さらに魅力的なのは、雲が映る川面の写真!
川の先のほうに吸い込まれそうな気持になりますね。
東京のサツバツとした世界から見ると何とも豊かな時間が流れていて、何だかいろんな困りごとや心配ごともどこかに流れていってくれそうです。
漕がないでも進むというのは、私にも可能性があるかな・・・と思わせてくれます。

写真から、少しゆったり気分を分けていただきました!
工事現場のおじさん風のご主人様の笑顔は、特別なネンキの入った晴れやかな笑顔です!
yukoさんのコメントがおかしくて、吹き出しちゃいましたけど。
yuko | URL | 2017.06.02 21:07
etさん、こんにちは
> さらに魅力的なのは、雲が映る川面の写真!
風がなくて、とろりとした川面ですが、これでも流れているのですよ。
ゆったりとした川を見ていると、「全て水に流す」というのもよくわかりますねー。
色々あるけど、ま、いいっか〜、な気分になりますね。
那珂川は想像していたよりずっと良いところでした。
ネンキの入ったフネと いい勝負のシニア夫婦、お見苦しい所もありますが、
水に流して下さいね。
Layla | URL | 2017.06.02 22:00 | Edit
大瀬って茂木のですね?
観光やなのある向かい側あたりの山が鎌倉山。
栃木百名山にもなっていて、私も3月に登った山です!
車を置いてから30分くらいで那珂川の絶景が望めますから、
行ってみてね~!
那珂川は人工的な護岸が少ないのですね~。
なるほど~。
あの辺周囲の田んぼも美しいので、まるで日本の原風景という雰囲気なのでしょうね~。
川面から見る景色、というのも新鮮でしょうね!
yuko | URL | 2017.06.02 22:29
Laylaさん、
> 大瀬って茂木のですね?
そうです、茂木というところでした。
> 観光やなのある向かい側あたりの山が鎌倉山。
鎌倉山、という名前も、あの辺りで見ましたよ〜〜
なるほど、このあたりなんですね!私は初めての場所でしたが、
すご〜くいいところでした。
> 那珂川は人工的な護岸が少ないのですね~。
あるにはあるのですが、すごく少ないです。
ひたすら穏やかな岸辺が続いていて、あの木の船と投網みたいなので、漁をしているのを
見ながら下るのは、本当に日本の原風景、とでも言うような、
静かな感動でした。 また再訪したい所です。


Comment Form
公開設定

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ