ピザ窯を作った 1

IMG_9145_convert_20180517121753.jpg
本町に開店したピザ専門店 LINNEさん



3月ごろ、日光の本町、御用邸のすぐ近くに開店したピザ屋さん、
美味しい!との評判を聞きつけて、さっそく食べに行ったのは、まだ寒い頃でした。
店内の窯で焼くピザは本当に美味しく、ほっぺたも落ちそう。
評判は上がり、昼はいつ行っても車が止められない~、
テイクアウトの人もたくさん、
生地が売り切れで入れない~、と色々あって、
予約して、春休みで日光に来た子供たちを連れていかれました。


おいしい~! 
IMG_9148_convert_20180517121817.jpg


マイタケと自家製ベーコンのピザ
IMG_9149_convert_20180517121837.jpg


厨房のど真ん中に 大きなピザ窯、
シェフが手際よく次々にピザを焼いていきます。
思わず見入ってしまう子供たち、


これは・・・・・ と思ったけど、
ピザ窯作りたい~   
と来た!



ピザ窯は以前、作ったことがありました。
いつでも移動したり壊したり出来るように、と簡易型のを。

まだ子供たちも小さくて、それほど活躍せずに終わったピザ窯、

みんなが日光にくる回数は? その時いつも作る?
そもそも一年の半分は、寒くて外では食べられないよ?

ちょっと調べた限り、なかなかどうして材料費もかかるし、作るのに時間もかかる
そこまでして作るより、お店に行った方がいいのでは?

コスパを考えたら、とんでもない、のですが、
ここは遊び、作るのも楽しもう、と割り切って、
このGWを中心にしてピザ窯を作ることにしました。

子供たちが来られるGW、逆算すると、もっとずっと早く基礎は作っておかないと・・・・
だれが?
私たちしかいないじゃん・・・・・

ということで、4月中旬からスタートです。

日光七里のコメリさん、結局は90%の材料はここで揃いました。
が、重いよぉ~ 超重いよ~・・・・・・ 砂利、砂、ブロック、木材、モルタル、耐火煉瓦・・・・
コテやセメントを作る入れ物まで。

60超えの私たちには重労働です。

だけど、始まったら仕方ないよね?


ということで、まだ寒い4月中旬、始まった基礎作り
IMG_9322_convert_20180517113114.jpg


シロウトの悲しさ、土を完全に取り除いて土台のコンクリを敷かなかったので、
あとで歪みが出てきた・・・・
IMG_9324_convert_20180517113200.jpg



なにしろ資材が重いので、ゼェゼェ(*´Д`)ハァハァ の私たち、
IMG_9325_convert_20180517113233.jpg
最終日は、7時まで外で作業し、寒くて鼻水は垂れるわ、
疲れてボロボロになりました。


さて、こんな感じに、耐火煉瓦を載せて・・・・ というところまでこぎつけた
IMG_9326_convert_20180517113308.jpg


さて、GW前半、子供たちもやってきた。
始まりました!
_1340260_convert_20180517113353.jpg


耐火セメント、アサヒキャスターをこねています。
IMG_9384_convert_20180517121018.jpg


奥行きは深く、間口は狭い方がいいよね?
IMG_9392_convert_20180517113459.jpg


試行錯誤です。
IMG_9403_convert_20180517113525.jpg



そして、天井はどうする?
検討の結果、丸いドーム型にすることとなり、
かまどの内部に薪や砂を詰め、砂山を作り、濡れた新聞紙を張り付け、
その上に、耐火セメントを張り付けて、本日は終了~
IMG_9410_convert_20180517113604.jpg


翌朝、耐火セメントは見事にカッチカチに固まっていました。
天気が良かったのも幸運でした。
IMG_9440_convert_20180517113624.jpg
内部に詰め込んだ砂を取り除くと・・・・・


中はこんな感じ、いいよね~?
IMG_9447_convert_20180517113703.jpg


となれば、入ってみたくなるのが人情
IMG_9450_convert_20180517113735.jpg


人の真似をしたくなるのも人情
IMG_9452_convert_20180517113805.jpg


私は完全装備で、グラインダーで表面を削っています。
IMG_9455_convert_20180517113834.jpg
かなりでこぼこだけど、まぁいいや。


というわけで、一応完成しました。
IMG_9464_convert_20180517113917.jpg


だけどせっかくなので、ドームの屋根をちょっとお化粧
IMG_9471_convert_20180517113947.jpg


かっこいいブロックタイルなども売ってはいるのですが、
異様に高い!
考えた結果、白い丸い石をセメントで張り付けることにしました。

IMG_9478_convert_20180517114022.jpg

みんなでできるのがいいね!

IMG_9493_convert_20180517114103.jpg


IMG_9507_convert_20180517114131.jpg


ということで、GW前半でピザ窯は完成です。
IMG_9516_convert_20180517114159.jpg
歪んでいたり、でこぼこだけど、みんなで力を合わせました。


火入れもしてみました。
IMG_9517_convert_20180517114246.jpg
さぁ、今度はピザを焼かないと。


尾瀬はやっぱり広いな

_1340824-2.jpg
水芭蕉が咲き始めた尾瀬ヶ原 (竜宮近く)


GW最終日~、 さぁ、私もどこかに行きたい!! ということで、
トレッキングさんと尾瀬に行ってきました。
金精道路が開通したので、尾瀬は近い! 家から戸倉までは約1時間の行程です。



2018年5月6日 尾瀬・鳩待峠~アヤメ平~竜宮~鳩待峠



アヤメ平が大好きな私、それを知っているトレッキングさんが、
連休最終日、行きましょう!と誘ってくださいました。
ピストンではなくて、竜宮に回り、尾瀬ヶ原も歩こう・・・と。
大丈夫かな? このところの運動不足、ピザ試食品作りの食べ過ぎ気味・・・・
不安はありますが、まぁ、なんとかなるさ!


連休最終日の道路はもっと混むのか? と思ったら、
トレッキングさん情報によると、高速道路も含めてガラ空き、という感じで
戸倉で待ち合わせ、着いた鳩待峠も 閑散~っとしていました。


もっとも、今年の雪解けの速さもあって、みなさんお目当ての至仏山もこの通り・・・・・
_1340732.jpg


山スキー、スノーボードを抱えた人もいましたが、滑るところあるの?という感じ。


我々は、さらに閑散としているだろう アヤメ平へ向かいます。
fc2blog_201805151145528ea.jpg



どうやら連休中もこちらに入った人は、ごく少ない様子、
入口から結構な残雪、でもつぼ足で進みます。
雪はグズグズ・・・・・
_1340733.jpg


そのまま進んでいくと、どうやら最初の湿原、横田代に着いたようです。
_1340736.jpg


雪に埋もれた標識の杭、 のぼってみ、とトレッキングさん、
ひぃ、なんか難しいよぉ
DSC02772_convert_20180516221849.jpg
でもなんとか登れた~



今度は、トレッキングさんの番
_1340739.jpg



一回じゃぁ、うまくいかないよ。
_1340742.jpg



おし!!、どうだ!
_1340743.jpg


しまった、連続写真にすればよかった・・・・・


と遊んだ後は、先に進みます・・・・
後ろを振り返ると、いつの間にか至仏山~

_1340748.jpg


木道出現率がどんどん高くなる
_1340751.jpg


至仏山の右手には、上越方面の山々
_1340753.jpg



目の前のなだらかな山は中原山、向こうに燧ケ岳が見えてきました。
_1340761.jpg


右後方には、上州武尊山、こちらも雪は少なめです。
_1340763.jpg


中原山に着きました。 鳩待峠からの標高差は 377m 
_1340766.jpg


右手には、ひょっこりと 日光白根山、今日はあの麓の方から来たんだなぁ。
_1340767.jpg


 
そして、空がバァンと広くなると・・・
_1340768.jpg



アヤメ平到着です。 ここは何といっても燧ケ岳の大展望。
_1340769.jpg



雪も消え残り、花もなにもないのだけれど、この山上の湿原は大好きです。
アヤメ平にまた来ることが出来ました。
_1340770.jpg


DSC02794_convert_20180516221916.jpg


消え残りの雪が赤茶色に...... これは赤渋現象というのだそうです。
_1340780.jpg



去年の同じころ、トレッキングさんとLaylaさんの三人で、
大清水から燧ケ岳に登りました。 春山登山で、上部はアイゼン着用、
その時に比べると、なんと雪のすくないことか!!
_1340794.jpg

その時のブログは、 こちら です。


この下は尾瀬ヶ原とそれを囲む山並み
_1340788.jpg


日光白根山と、右側には錫ヶ岳  
_1340796.jpg


さぁ、富士見峠に向けて下ります。
_1340797.jpg
この3歩後、トレッキングさん、見事に足を滑らす!! 珍しい!


富士見峠と尾瀬ヶ原に向かう分岐の池塘
居合わせた方の写真を撮ったりして しばしおしゃべり
_1340799.jpg
年配の方だったので、失礼ながらお年を聞きました。
まさかの 83歳! しかも単独行とは・・・・・・
驚きのあまり、パンを取り落としたトレッキングさん、(嘘)
予想を10歳以上も上回るお年でした。


あと20年後の私・・・・ 果たして山歩きが出来ているのだろうか?
100%の確率で、無理! 


そんな山のつわものをお見送りしてから、我々は尾瀬ヶ原に降りていきます。


この長沢新道は・・・・・ 長い、長い上になかなかの急傾斜もある、
過去に同じルートをたどったとき、濡れた木道で、見事にすってんころりんした私、
苦手な道ですが、今回は、残雪多し、下りやすいのか やりにくいのかよくわからない・・・・・

その時の記録は こちら です。 もう5年も前のことでした・・・・・

_1340804.jpg



木道も出ていますが、それ以上に結構荒れていました。
_1340808.jpg



おお~っと~!! トレッキングさん、3度目のすっころび~
_1340810.jpg



そういう時には、写真を撮るように、とのお達しで、今回は撮りました。
_1340812.jpg



苦笑い
_1340813.jpg



やっと尾瀬ヶ原に着いたようです。
_1340814.jpg


さぁ、竜宮まであと少し
_1340815.jpg


流れで、ドロドロのチェーンスパイクと靴を洗います。
_1340818.jpg



_1340819.jpg


すると、あら!! 水芭蕉が咲いてる~♪ 
_1340824.jpg


こっちにも~
_1340826.jpg


池塘に残る雪
_1340829.jpg



尾瀬ヶ原~
_1340835.jpg


竜宮小屋と燧ケ岳
とてもGWのころとは思えません。
_1340839.jpg


正面の至仏山を見ながら、ひたすら歩きます。
_1340842.jpg


_1340845.jpg


所々、水芭蕉も咲き始め
_1340847.jpg


水芭蕉スポットの大堀川、水芭蕉はまだ赤ちゃんのようです。
_1340859.jpg



やっとのことで、山の鼻に到着しました。
原は閑散としていたのに、ここには結構な人がいてびっくり。
_1340872.jpg


正直、バテバテでした。
ずいぶん歩いていないのと、長沢新道でおもいのほか苦戦したあとの 
尾瀬ヶ原の木道歩き、それもなんとか終わりましたが、
さぁ、鳩待峠までの登りの1時間半が、本当につらい・・・・
なんだって、最後の最後にこんなに登るのぉ・・・・・・と毎回思う・・・・・・
山の鼻で、カメラもスマホもザックにしまい、臨戦態勢💦

あとはひたすら何も考えずに上る、登る・・・・

なんでも始まればいつかは終わる・・・
鳩待峠には、なんと1時間弱で到着しました、とさ。

この日の歩いた距離   21.7キロ
歩数             34441歩
上がった階段       31階 


尾瀬ヶ原で 超速歩きをしていたトレッキングさん、
前日も山歩きをしていた、とかで、実は 「ばてました」って?
嘘でしょ?


ばてたのは、私です。
翌日からは絶賛筋肉痛となりました。



北岸花めぐり

_1340706-2.jpg
2018年5月5日 千手ヶ浜


GW最後、久しぶりにみんなで歩きに出かけた先は、北岸、
花が早い今年、いつもこの時期には咲いていないオオヤマザクラが、庭で見られたり、
ツツジたちもあちこちできれいな花を咲かせています。

そこで!北岸を楽しくハイキングしてきました。

Laylaさんから、「滝上から歩くよ~」とのラインが入ったけれど、
子供連れ、なかなか早くは出られませんでしたが、
大急ぎで支度して龍頭臨時Pを出たのは、10時半前、
会えるかな? モモクリさんご夫妻も一緒ですって!


この日、ほんとは・・・・ 男体山に登りたい~と言っていたGAKU、
山開きの日でしたが、あいにくの強風と低温で断念、
まだまだ先の長い君は、これから何度でもチャンスがあるよ~
実際には、山頂には雪も降り、強風で、まだまだGAKUには無理な男体山でした。


ということで、初めはがっかりしていたGAKUですが、歩き始めたら張り切って先頭に。
_1340592.jpg


小赤岩も花盛りです。
_1340593.jpg


うん、きれいきれい
_1340597.jpg


風が強くて、しかもかなりの寒さを感じたこの朝、
予定していたヨットレースも中止になるほどでした。
_1340603.jpg


ミツバツツジもあちこちに咲いています。
_1340604.jpg


そして、栃窪のオオヤマザクラ! 
先週見に来た時には、つぼみでしたが、早満開を過ぎて、なんとか間に合いました。
_1340607.jpg


懐かしい栃窪の浜ですが、GW時期にサクラが咲いているのを見たのは初めてです。
_1340616.jpg


異常気象なのか・・・・心配ではあるけれど、やっぱりきれい~
_1340622.jpg


そして!熊窪の見えるこの突端近く、もはや北岸の名所中の名所
_1340634.jpg


あでやかに沢山咲いていました。
_1340638.jpg


まだまだつぼみもたくさん、
_1340639.jpg

_1340641.jpg


まだまだ長く楽しめそう。
_1340645.jpg


_1340657.jpg


熊窪で、高山から降りてきたLaylaさん、モモクリさん、E子さんと無事に会えましたよ。
しばしおしゃべりの後、ツツジを見に行く3人と別れ、私たちは先に千手ヶ浜へ。

_1340665.jpg


千手ヶ浜に着きました。 
やっぱりここの開放感は特別なものがあります。
_1340669.jpg


木々の影さえのびやか~
_1340675.jpg


橋の上からみるこのあたりも、好きなところ。
_1340677.jpg


待ち合わせは、仙人庵前のオオヤマザクラで。
_1340679.jpg


まもなくクリンソウの大フィーバーの時期ですが、
これは外来種で、仙人庵さんが植えて増やしたもの。
自然のたたずまいは やはり格別です。


_1340683.jpg

_1340692.jpg


_1340695.jpg


時折吹く強風に、湖面がざわつく・・・・
_1340698.jpg


桟橋から見るオオヤマザクラ
_1340709.jpg


ドヤ顔~
_1340707.jpg


とうとう大の字に~
_1340713.jpg


気持ちの良い一日を過ごしました。
_1340714.jpg



男体山ヨットクラブJr. 発足しました

fc2blog_20180508001953e1f.jpg
2018年4月30日


ヨットのシーズンが始まりました。 今年の天空レガッタは4月30日オープン
夫っとも セッティングして無事に出航です。


_1340274.jpg


今年は記念すべき年となりました。
ヨットクラブが、正式に

 「男体山ヨットクラブJr.」  

として発足、 この日は、記念式典が 金谷ボートハウスで行われました。

fc2blog_20180508001907f35.jpg

地元の下野新聞社の取材も入り、翌日の新聞の一面にも載りました。
左は理事長となった代表のAさん、地元の自治会長を務める Kさんも顧問として就任されました。
一同カンパーイ!

fc2blog_201805080018156c1.jpg


翌日の下野新聞一面
fc2blog_20180508123524c34.jpg


この日のヨットレース
fc2blog_2018050812371305f.jpg
(photo by Aさん)


まさに男体山ヨットクラブ!!
fc2blog_20180508123737561.jpg
(photo by Aさん)


その昔、日光を愛した英国大使や外交官たちが中心となって設立された 「男体山ヨットクラブ」
100年以上の時を超えて、美しい中禅寺湖の風景と文化を引き継ぐ形で、復活、
当時のクラブ名に 「Jr.」 を付けて、敬意を表しています。

夫っとも末席ながら、メンバーとして参加、連数不足ながらもなんとか頑張りました。
この日は、時折強風も吹き、沈艇も続出したそうです。



さて、連休後半が始まりました。
この日は、レース第2戦に先立って、新メンバーとなられた湘南の I さんの新艇進水式!
いつもの金谷ボートハウスに集合の面々・・・・・

_1340492.jpg


外洋ヨットはお持ちの I さんですが、アクアミューズの先輩たちが教えています。
_1340493.jpg


_1340497.jpg


_1340508.jpg


_1340511.jpg


_1340513.jpg


真っ白な船体が美しい~
_1340517.jpg


用意されたシャンパンを開けて、船体にもかけた後・・・・
_1340521.jpg


メンバーにもふるまわれした。
_1340542.jpg


カンパーイ!
_1340544.jpg


私もカンパーイ!
_1340546.jpg


新艇と一緒に記念撮影です。
_1340549.jpg


この日は、夫っとは不参加、連休で家族で作ったピザ窯の練習をしました。
一日かけて、なんとか美味しく焼けるようになりました。


レースを終えて、皆さんは、今日は我が家の庭にて車中泊
焼きたてのピザを食べていただきました。


_1340580.jpg



庭にぎっしりと入った車・・・・
_1340584.jpg


一体、何台入ったのかな?
_1340586.jpg


後半二日目のこの日のレースは、なんと強風の為に中止、となりました。
安全第一を考えると、仕方ないですが、みなさん、がっかり~
この日の為に、遠くから駆け付けたメンバーさんもいて、お気の毒でした。
_1340590.jpg


記念撮影をして、解散です。
_1340581.jpg

今年もよろしくお願いします。





ある日の菖蒲ヶ浜

_1340468.jpg
2018年5月3日 
菖蒲ヶ浜にて  
カラーなのにモノクロのような湖



春の浅瀬は、今年は少し少ない
_1340436.jpg



連休が始まった
_1340431.jpg

プロフィール

jhety

Author:jhety
日光をこよなく愛する、アラ還です。
趣味は、山登り、スキー、カメラにピアノ(順不同)
東京と日光の二重生活も、早4年?
丁寧な生活が目標ながら、孫たちのパワーに
押されまくり、へとへとな毎日を送っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ